ここから本文です

「売り方に悩む」新CPUの登場とHDDマウンタが人気の理由  

4/15(月) 14:45配信

ITmedia PC USER

 2019年3月末に登場した「Core i9-9900KF」「Core i7-9700KF」「Core i5-9600KF」に続き、先週はIntelから新CPUの「Core i3-9350KF」が登場している。価格は2万3000円前後(税込み、以下同)だ。

【写真】アキバでひそかに人気を集めるマウンター

Core i5-9400Fより価格が上のショップも――Core i3-9350KF登場

 Core i3-9350KFは、GPU機能を省いた4コア4スレッドのCPUだ。標準クロックは4.0GHzで、前世代の「i3-8350K」と同じだが、最新モデルはターボブーストに対応することにより最大4.6GHzで動作する。オーバークロックが可能なロックフリー仕様で、TDPは91W。CPUクーラーは別売りとなる。

 Core iシリーズの品薄傾向は現在も続いており、特にミドルレンジ以下の状況はシビアだ。そこに登場した新しいCore i3は歓迎されそうだが、手放しで喜んでいる声は聞かない。

 パソコンSHOPアークは「Core i3といってもロックフリーな特殊モデルですからね。このクラスは内蔵GPUを生かしてトータルコストを抑えるニーズが強いですが、GPUなしですし。価格的にも1つ上の『Core i5-9400F』より高価ですから、なかなか微妙です」と語る。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店も「売り方に悩むCPUです」と複雑な表情だった。

 前世代のCore i3-8350KもCore i3の中では特殊な位置付けで、一部でオーバークロック向けと評価されるなどニッチな注目を集めてきた。同様の人気は期待できそうとの意見は少なくないが、某ショップは「今はそこじゃないだろうというか……。欲しいのは1万円台のGPUつきCore i3やそれ以下のエントリーCPUなんですよ」とにべもない。今後の第9世代CPUに期待したいところだ。

ニッチだけど刺さる人には刺さる――HDDの位置調整マウンタが店頭に

 先週の新製品で「地味だけど奥深い」と評価されているのが、タイムリーのGroovyブランドから登場した「GR-CH35NB」だ。価格は1000円強。

 GR-CH35NBは、3.5インチHDDの底面ネジ穴の位置を調節するマウンターで、HDDの側面と底面のコーナーに固定して使う。従来、3.5インチHDDの底面ネジ穴は4個あり、中央付近に短いスパンで並んでいたが、最近の大容量モデルは一対が先端付近に移動している。そのため、PCケースのHDDベイなどが以前のままだと、最近のタイプは底面のネジを片側しか留められないという事態が発生する。GR-CH35NBは、この問題を解消するためのツールだ。

 入荷したTSUKUMO eX.は「ネジ位置の変化はHDDの大容量化でプラッタ枚数が増えたのが理由なんじゃないかと推測しています。最近は1枚2TBのプラッタもありますが、1台の最大容量も増していますから、メーカーもミリ単位でどうにかやりくりしているんですかね」と話していた。

 GR-CH35NBを求める層としては、「ドライブをできる限りしっかり固定したいという人。ニッチだけど刺さる人は刺さると思います。底面2点留めでも気にしない人は気にしませんが、高速で回転する精密機械ですし、ネジ数が少ないとノイズの原因にもなりますから」という。

1/2ページ

最終更新:4/15(月) 14:45
ITmedia PC USER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事