ここから本文です

ぜんじろう、爆問太田との直接対決にやる気満々「ラジオで決着つける」

4/15(月) 12:34配信

デイリースポーツ

 お笑い芸人のぜんじろうが15日、ツイッターを更新。呼び捨て騒動で話題となっている爆笑問題の太田光がテレビ番組で「水掛け論」としたことに「『水掛け論』って当事者が言うか?!」などとつぶやき、太田のラジオ番組での直接対決に意欲をみせた。

【写真】ぜんじろうの師匠は超大物

 騒動の発端は、太田がTBS系「サンデージャポン」でぜんじろうと呼び捨てにしたことから、ぜんじろうがツイッターで「後輩の太田くんにサンジャポで『ぜんじろう』呼ばわりされてちょっとだけイラッとする不思議」とつぶやき、太田が激怒。ラジオ番組で「てめぇいつから俺の先輩になったんだ」などと吐き捨てたが、ぜんじろうはこの激怒を報じたネット記事をツイッターに添付して拡散した。

 騒動発端から1週間。太田は再び「(どちらが先輩か後輩かは)これから先は水掛け論」と話し出したが、すぐさま「お前のツイッター、誰に向かって言ってんだか分からねえんだよ」「俺に向かってケンカ売るなら太田って言って、名指しで俺に言え」と批判。「今度ラジオに呼ぶから、オファーするから」とラジオでの直接対決を呼び掛けていた。

 これにぜんじろうは「おい!太田くん、さん?総理!『水掛け論』って当事者が言うか!?僕は、あの時の会話の記憶が鮮明にある」とつぶやき、「ハナから話が噛み合わないって宣言されたら、いくら僕みたいな『厄介な芸人』でも、返しづらいわ」と意見。「でもラジオで決着着ける(笑)」と出演する気満々。

 続くツイッターでは「今回は、はよ動けよ!よしもと!!太田総理から、異例のテレビの生でのオファーやぞ!」と、所属事務所へ早急に対応するよう呼び掛けていた。

最終更新:4/15(月) 12:48
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事