ここから本文です

「PassCode」南菜生、迷惑行為でライブ中に右足負傷 公式サイトで注意呼びかけ

4/15(月) 14:03配信

スポーツ報知

 女性アイドルグループ「PassCode」は15日までに公式サイトを更新し、13日に東京・Zepp DiverCityで行われたライブ中に水をまく迷惑行為で南菜生(22)が右足を負傷したとして、ファンに観覧時のマナーを呼びかけた。

 公式サイトでは「開演直後から終盤にかけて、大変残念ながら水を撒く迷惑行為が発生致しました」とし、「1曲目冒頭でペットボトルごとステージまで届き、水がステージ上に相当量、溢れメンバー南菜生が滑って転倒してしまい、右足を負傷しました」と報告。現在も右足が腫れ上がっているため、21日に行われる仙台公演のリハーサルは「大事をとって中止する事となりました」とした。

 また、13日の公演中盤には機材に大量の水がかかり、故障のため音が出ないアクシデントがあり、仙台公演までに機材の修理や新たな購入の必要があるという。今後、そのような行為を発見した場合は「メンバーの安全、今後使用する機材の安全を確保する為、音響・照明共にストップさせ公演を即中止とさせて頂きます」とし、「その際、チケットの返金等は一切負いませんので、当事者が解決をお願い申し上げます」と注意を呼びかけた。

 さらに「別件ではダイブを行ったお客様がステージまで到達し、ステージサイドからセンターを調光する照明機材が倒れる事案も発生しました」と迷惑行為が相次いでおり、「危険行為を行い、主催者が危険・他のお客様に迷惑(上記に記載の危険行為以外でも)と判断した場合、ご退場を頂きます。こちらに関してはクレーム、返金も一切受け付けませんので、予めご了承ください」と警告した。

 今後のツアーについては「最高のパフォーマンスは2本目以降必ず続けていきます」とし、「『また、PassCodeのライブを見に行きたい!』と思って頂けるような、大きくステップアップが出来るツアーになればと思っております」と決意をつづった。

最終更新:4/15(月) 17:54
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事