ここから本文です

ドワンゴの“人工生命”観察プロジェクト「ARTILIFE」 6月で終了

4/15(月) 18:49配信

ITmedia NEWS

 ドワンゴは、仮想空間で自律的に動く“人工生命”を観察・育成するプロジェクト「ARTILIFE」を6月30日に終了する。2018年10月のスタートから、約9カ月で幕を閉じる。

人工生命(画像)

 ARTILIFEは、仮想空間内で、AI(人工知能)を備え自律的に動く“人工生命”を観察・育成し、進化する様子を楽しむサービス。Windows PCの他、スマートフォンアプリで利用できる。

 ドワンゴの機械学習技術の開発・研究部門「Dwango Media Village」が開発した。強化学習(機械学習の一種)を用いた人工生命のモーション自動生成技術を活用している。

 ドワンゴは3月27日、プロジェクトの現況と在り方を見直したところ、「一定の期間をもって観察結果を見届ける」との結論に達したと発表。アプリ内通貨「エボル」は、5月31日午後3時で販売を停止する。未使用の有償エボルの払い戻しについても後日案内するという。

 同社は、AIに関わる研究を行う「ドワンゴ人工知能研究所」の閉所を3月31日に案内。位置情報ゲーム「テクテクテクテク」や、マストドンインスタンスの「friends.nico」など、相次いでサービスを終了している。

ITmedia NEWS

最終更新:4/15(月) 18:49
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事