ここから本文です

小錦、ハワイの4億円豪邸をレンタルスペースに!引退後に300キロから148キロまで減量

4/15(月) 21:31配信

スポーツ報知

 元大相撲の大関でタレントの小錦八十吉(55)が15日放送の日本テレビ系バラエティー「しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP」(月曜・後9時)に出演。ハワイと日本を股にかけた妻・千絵さん(43)とのプライベートを公開した。

【写真】12・2キロ減のスリムボディー披露した女優・・・

 現役時代の最高体重285キロという巨体とケタ外れのパワーを武器に、外国出身力士史上初の大関に昇進。横綱にはなれなかったが、茶目っ気たっぷりのキャラクターで人気を集めた。そして、97年に引退すると、タレント兼ミュージシャンに転身し、16年間出演する子ども向け番組のキャラクターとしても人気に。そんな中、15年前、ひと回り年下の千絵さんと結婚した。

 94年に日本に帰化したため、ハワイに構えた4億円豪邸は年に1回帰る程度。現在はレンタルスペースとして貸し出し、日本でタレント兼ミュージシャンとして所属事務所社長兼マネジャーの千絵さんと年間150ステージ以上をこなしているという。

 千絵さんがアルバイトしていた鍼灸院に行った小錦が会ったその日にプロポーズ。交際2年で結婚したが、当時の小錦の体重は現役時代を上回る300キロ。医師から「このままだと死ぬ」と言われ、胃のガストリックパイパス手術に踏み切ったという。

 胃を極端に小さくする手術に成功したことで体重を148キロにまで減らすことに成功、健康を取り戻した。

 千絵さんとともに様々なチャリティー活動にも奔走する小錦は「行動力が大切。やるならやれです」と笑顔で話していた。

最終更新:4/16(火) 11:33
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事