ここから本文です

【U20】17歳FW西川潤、生き残りに闘志「下(の世代)の意識はない」

4/16(火) 6:08配信

スポーツ報知

 C大阪に来季加入予定の特別指定選手でU―20日本代表候補FW西川潤(17)=神奈川・桐光学園高=が15日、5月開幕のU―20W杯(ポーランド)のメンバー生き残りに闘志を燃やした。

 この日、千葉市内でW杯メンバー発表前最後の合宿に合流。飛び級選出で最年少だが「下(の世代)の意識はない。メンバーに残れるように頑張る」。16日の全日本大学選抜との練習試合はA代表と東京五輪世代を兼務する森保一監督(50)が視察。ウェールズ代表FWベイルがお手本のドリブル&左足のシュートでゴールを狙う。

 13日にクラブ年少2位の17歳でJ1デビューし、14日はC大阪U―23でJ3に出場。合宿後の21日は高校のリーグ戦と“四足のわらじ”を履く。F東京のMF久保建英(17)とは同学年で「久保くんやJで活躍する選手がいる中で自分も中心になってやっていきたい」と力を込めた。

最終更新:4/17(水) 19:53
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事