ここから本文です

天海祐希、家入レオの成長に感慨「立派な美しい大人の女性になった」

4/15(月) 6:00配信

オリコン

 シンガー・ソングライターの家入レオが、自身の最新楽曲「Prime Numbers」を主題歌としている、テレビ朝日系で放送中のドラマ『緊急取調室』(毎週木曜 後9:00)の撮影現場を表敬訪問。主演の天海祐希はじめ、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、大倉孝二、塚地武雅、でんでん、小日向文世ら、レギュラー出演者にドラマタイトルにちなんだ“金鳥(キントリ)ドーナツ”を差し入れた。

【写真】念願の“うぇーい”ポーズにまじる家入レオ

 キントリメンバーが集合した取調室のセットを訪れた家入は、温かい拍手で迎えられ、さっそく差し入れのために持ってきた金鳥(キントリ)ドーナツを囲んで写真撮影。その後、天海に家入から「今までのキントリも拝見していて、どうしてもあのポーズを一緒にやらせていただきたいんです…!」と、同ドラマでお馴染みとなっている“うぇーい”ポーズをおねだりすると、天海は「そうか!やりたいのか!よし、やろう!」と快諾。家入を中央に迎え入れ、キントリメンバー全員が手を伸ばし、憧れのポーズでも写真撮影を行った。

 家入は「これでキントリメンバーに入れた気がします。ありがとうございました!」と、感激していた。

 天海が主演するドラマの主題歌を担当するのは『カエルの王女さま』(フジテレビ)以来、7年ぶり2度目。天海は「レオちゃんが17歳の時にドラマ『カエルの王女さま』の主題歌として『Shine』を作ってくれて、まだちょっと少年っぽさの残る感じで、今よりももっと射るような目をしていた気がします。あの時は、大人の、ショービジネスの世界にバンっと入って来て、ここでいいのか、『ひたすら頑張ります!!』みたいな。あの時はいっぱいいっぱいだったもんね。10代だったもんね。すっごい緊張の毎日だったんだよね、きっと!」と、当時の家入を思い出し、感慨深い様子。

 「今は、意志の強さは変わらないですけど、追求するべきものがちゃんと見えてきたんじゃないのかな。余裕が出てきたというか、自分のやりたいこと・やるべきことがハッキリしてきているような顔をしているから、立派な美しい大人の女性になられたなと思います」と、成長ぶりがまぶしく見えるよう。

 家入も「当時は本当に何も知らない中、東京に出てきたばっかりで、そんな時に本当にこんなにまっすぐ人に接してくれる方がいるんだなって。しかも大先輩でいらっしゃるのに、その姿勢にとても感銘を受けました。今日は本当にお会いできて良かったです!」と笑顔で話していた。

最終更新:4/18(木) 5:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事