ここから本文です

橋桁にトラックの積載物衝突 JR東海道線 4万8000人影響

4/15(月) 11:29配信

産経新聞

 15日午前8時半ごろ、大阪市淀川区東三国の市道で、JR東海道線の高架下を通過しようとしたトラックの積載物が橋桁に衝突。同線が安全確認のため一時運転を見合わせた。けが人はなかった。この影響で上下線計13本が運休、計65本が最大30分遅れ、約4万8000人に影響が出た。

 JR西日本や大阪府警淀川署によると、高架下は高さ3・1メートルの制限があり、制限を超えた車両の進入を防ぐため、手前に金属製のバーが設置されていた。トラックが高架下を通り抜けようとした際、荷台に積んだ油圧シャベルがバーと橋桁に接触し、そのまま走り去ったという。

最終更新:4/15(月) 11:29
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事