ここから本文です

【皐月賞】ノーザン代表・吉田勝己氏、サートゥルナーリアの凱旋門賞登録を明言「史上最強馬になる可能性ある」

4/15(月) 10:31配信

サンケイスポーツ

 3冠レース初戦の皐月賞が14日、中山競馬場で18頭によって争われ、断然の1番人気に推されたサートゥルナーリアがゴール前の叩き合いを制してV。4戦4勝で2005年のディープインパクト以来、14年ぶり史上17頭目となる無敗の皐月賞馬が誕生した。

【写真で見る】笑顔でターフを歩くプレゼンターを務めた女優・土屋太鳳

 長い審議の末、無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアが誕生すると、関係者は安堵(あんど)の表情で握手を交わした。オーナーのキャロットファーム・秋田博章社長(70)は、「昨年より20%増しの観客の歓声に、最後の150メートルで物見をしたようだ。ホープフルSより体は緩かったし、ダービーではいい体になるでしょう」と笑顔を見せた。

 生産馬がワンツーフィニッシュとなったノーザンファームの吉田勝己代表(70)は、18日に締め切られる凱旋門賞に登録することを明言。「史上最強馬になる可能性がある馬」と常々、絶賛するほど能力を高く買っている。

 秋田社長は「ダービーでのパフォーマンス次第だけど、まだ選択肢の一つ。(凱旋門賞は)同じ距離でもタフなコースだから。何とも言えない」と、出否に関しては日本ダービーの結果次第となるようだ。

 2歳の半妹ファーストフォリオ(父キングカメハメハ)は栗東・須貝厩舎でデビューを待ち、1歳の半弟(父モーリス)も元気に育っている。そして昨年不受胎だった母シーザリオのおなかには、兄と同じロードカナロアの命が息づいている。

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事