ここから本文です

【マイラーズC】大器ダノンプレミアム久々マイルも通過点「楽に競馬できそう」

4/15(月) 18:02配信

サンケイスポーツ

 春の京都の開幕を飾るのは「第50回マイラーズC」(21日)。昨年の安田記念馬モズアスコットも登場してくるが、注目度No.1はダノンプレミアムだ。

 レベルが高いといわれる現4歳世代の2歳王者は、昨年のダービー6着以来となった前走・金鯱賞があきれるほどの勝ちっぷり。初対戦の年長馬たちをあっさり一蹴してしまった。大阪杯に出ていても人気になっていたが、慌てず騒がず。じっくり間隔を空けてマイルをチョイスした。

 「前走後も特に疲れはなかった。1回使ってテンションが上がっているので、それをオフにするイメージで調整。ここまでは予定どおりにきている」と猿橋助手。1週前は芝コースで馬なり。6F87秒3、ラスト1F12秒1と軽快な脚さばきを見せた。

 マイルは朝日杯FS以来となるが、その朝日杯、サウジアラビアRCと2戦2勝で、どちらも2着ステルヴィオを寄せつけなかった。そのステルヴィオが昨秋のマイルCSを勝っており、「2000メートル以上よりも、マイルのほうが楽に競馬はできそうだ」(猿橋助手)という言葉も素直に信頼できる。

 マイルのスペシャリストたちを相手にレベルの高いバトルになりそうだが、まだ底を見せていない大器にとっては単なる通過点でしかないだろう。(夕刊フジ)

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事