ここから本文です

AKB48・田口愛佳の関西弁にNMB48メンバーが大爆笑!

4/15(月) 18:00配信

HOMINIS(ホミニス)

2019年1月からスタートした新番組「AKB48グループ出張会議!」。AKB48の将来を担う若手メンバー「絶対的10人」、鈴木くるみ、田口愛佳、千葉恵里、西川怜、前田彩佳、矢作萌夏、久保怜音、山内瑞葵、佐藤美波、岡田梨奈の中から毎回3名を選出して、各グループの拠点を訪問。グループの垣根を超えて、本音をぶつけ合うトークが大きな魅力となっている。3月27日に放送された第3回のテーマは「NMB48のハートにダイブせよ!」。大阪・難波を拠点とするNMB48と真剣トークに臨むメンバーとして選ばれたのは田口愛佳、山内瑞葵、岡田梨奈の3人だった。


大阪に乗り込む前に、この3人の中で誰が議長にふさわしいかを決めるため、横山由依と岡田奈々が3人と面接を行った。コミュニケーション力の高い田口、人見知りながらやる気を見せる山内、この番組に3回連続出演している岡田(梨)。先輩メンバーが3人にいろんな質問をぶつけ、その結果、議長に選ばれたのは岡田(梨)。さらに、岡田(梨)は「ニセの読心術で相手の懐に飛び込む」、山内は「突然ダンスを踊って場を和ませる」、田口は「第一声で、スタッフ(カメラマン)と関西弁でコミュニケーションをとる」というミッションも決定した。


本番当日、NMB48劇場に到着した3人は早くも緊張のピークを迎えていた。緊張が解ける間もなく、岡田(梨)を議長に会議がスタート。そこですかさず田口がカメラマンに関西弁で話しかけ、ミッションを遂行したことで、NMB48のメンバーも大爆笑し、場の空気も少し和んだ様子。


最初のコーナーは「匿名だから答えました!NMB48の赤裸々な告白」。NMB48のメンバー66人全員に匿名でアンケートに答えてもらい、それについて討論していく内容。「生まれ変わってもNMB48に入りたい」という難波愛を問われる質問に始まり、「バラエティのセンスではAKB48に負けてない」「AKB48よりNMB48の方がセクシーだ」というAKB48と比較する内容から、「山本彩を超える自信がある」「実はNMB48の将来が不安だ」といったこれからのNMB48を問う質問もぶつけられた。


「生まれ変わっても~」の質問で「はい」と答えた人数は29人と約半数だったが、難波愛の強いキャプテンの小嶋花梨は「違うことをしたいと思う時もあるじゃないですか。なので29人もいてうれしかった」と素直な気持ちを告白。「バラエティの~」の質問に65人が「はい」と答えていたのは、さすがNMB48!「山本彩を~」に「はい」と答えていたのは白間美瑠。「尊敬する存在だからこそ、超えられるという気持ちじゃないと大きくなれない」と、エースらしい力強い気持ちを伝えると、「どうにかしていかなければいけない」と、吉田朱里からも1期生らしいグループを牽引する責任感のある言葉を聞くことができた。


後半は「徹底討論 私は話し合いたい!」ということで、「TwitterやInstagramのフォロワーを増やす方法は?」「NMB48がバズる何かがないか?」「箱推しを増やしたい」というテーマに沿った議論が展開した。女子力動画で人気の吉田朱里の「AKB48グループのファンじゃない人にも発信すること」と「等身大」であることが重要だという、経験者ならではの意見にみんなが納得。バズるためには「ショッピングモールでライブをする」など、見てもらえるきっかけを増やすことが大事だという山尾梨奈の意見にも多くのメンバーがうなずいていた。合間に、山内と岡田(梨)のミッションも遂行し、無事に会議は終了。


会議の後は、白間が「真剣な話をした後は、大阪のいいところに行きましょう!」と、吉田朱里と一緒に3人を連れ出し、共通点を見つけたり、似顔絵を描いたり、バーベキューをして親睦を深めた。面接時に、NMB48との兼任経験のある横山が「(NMB48は)全員がグイグイくる」と言っていたが、ノリの良さと本音を話す姿勢はAKB48の3人にも大きな刺激となったのではないだろうか。


この「AKB48グループ出張会議!#3~NMB48のハートにダイブせよ!~」は4月24日(水)19:30~再放送が決定。同日21:00~は#4「~SKE48 秋葉原を電撃訪問!~」がオンエアされる。メンバーたちの本音が炸裂する同番組、今後も要注目だ。


文=田中隆信

HOMINIS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事