ここから本文です

明日 黄砂飛来か 日本への影響はほぼなし

4/15(月) 15:28配信

ウェザーニュース

 週末に大陸で巻き上げられた黄砂が東に拡散し、明日4月16日(火)に一部が日本列島の上空を通過する予想です。

 ひまわり8号の衛星画像(トゥルーカラー再現画像)を見ると、朝鮮半島付近に霞んだ領域が見られます。しかし、今日正午までに韓国などの地上で黄砂を観測した所はなく、これらは上空に広がる薄い黄砂とみられます。

明日 西日本や北日本の上空へ飛来

 気象庁の予測によると、今回の黄砂は明日16日(火)の午前中に西日本を、午後には北日本を通過するものとみられます。

 地上に落ちてくる黄砂はわずかで、大部分は上空を通過するのみとみられます。空が少し霞む可能性はあるものの、大きな影響はなさそうです。

黄砂とは

 黄砂は、大陸で舞い上がった砂が西風に乗って飛んでくる現象です。水平方向で見通しの効く距離「視程」が5km以下となる事もあり、視界が悪くなったり体調に影響を及ぼす場合もあると言われます。

 今回も念のため、洗濯物の外干しなどにはお気をつけください。

ウェザーニュース

最終更新:4/15(月) 15:28
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事