ここから本文です

「HOME MADE 家族」のKUROがマイケル・ジャクソンを題材としたオリジナル小説をリリース!

4/15(月) 15:09配信

ダンスニュースメディアサイト Dews

ヒップホップグループ「HOME MADE 家族」のKUROが、作家名義『サミュエル・サトシ』として執筆した、自身初となるオリジナル小説!

本作はタイトルの通り、著者自身も大ファンと語るマイケル・ジャクソンを題材にしているが、マイケル本人ではなく、彼に魅せられた“インパーソネーター”(ある歌手や俳優、コメディアンになりきってパフォーマンスをするエンターテイナーの呼称)として、その半生を捧げた実在の日本人を主人公のモデルとして執筆されたエンターテインメントノベル。
マイケル・ジャクソン本人に「Excellent!」と言わしめる程の完成度を誇る主人公だったが、クオリティを突き詰めるほど、評価は“自分”ではなく、“マイケル”にあるという動かしがたい事実に直面する。
どんなに似せようともオリジナルを超えることはない「模倣品」としての自分……。マイケルに夢中になることで得た沢山の仲間と心を通わせ合いながらも、すれ違いや悲しい別れなど、主人公を取り巻く環境は激しく変化していく。自己とはなんなのか?芸術とは?友情とは?

そして運命の2009年6月25日、絶対的な存在であったマイケルの死を迎え、“インパーソネーター”が最後に導き出した答えとは……。

【本書概要】
タイトル : マン・イン・ザ・ミラー「僕」はマイケル・ジャクソンに殺された
サミュエル・サトシ著
発売日:2019年3月18日 定価:本体1,400円+税
判型:四六判 288ページ ISBN:978-4-04-896505-7
発行:株式会社KADOKAWA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事