ここから本文です

N-BOXの1/10以下はあたりまえ!? 売れていない軽自動車5選

4/15(月) 6:10配信

くるまのニュース

軽自動車といえども売れないモデルも多数あり

 いまや日本の自動車市場でもっとも売れているクルマは軽自動車です。販売台数トップはホンダ「N-BOX」ですが、2018年には約24万台も販売しました。

売れない理由はどこにある?低迷している軽自動車チェック(16枚)

 一方で、あまり売れていない軽自動車も、当然あります。そこで、2018年のデータから販売台数が低迷している軽自動車を5台ピックアップして紹介します。

 なお、商用車、他メーカーから供給されているOEM車、2018年中にフルモデルチェンジしたクルマは除外しています。

●ホンダ「S660」

 軽自動車で唯一のミッドシップ・オープン2シーター「S660」は2015年に販売されました。2018年の販売台数は3003台です。

 64馬力を発揮する3気筒ターボエンジンをリアミッドシップに搭載。運動性能を向上させるため、軽自動車初となるハンドリング支援システム「アジャイルハンドリングアシスト」を採用しています。

 また、ブレーキも四輪ディスクとするなど、走る、曲がる、止まる、すべての性能を高めています。

 S660の価格は、ベーシックグレードの「β」が198万720円(消費税込、以下同様)、ハイグレードの「α」が218万5920円で、どちらも同価格で6MTとCVTが選べます。

 また、内外装とサスペンション、ブレーキがハイクオリティな特別仕様車「S660 モデューロX」が285万120円となっています。

 S660の販売台数が少ないのは、2シーターで趣味車として乗る方が圧倒的に多いことと、この高額な価格なので、ある意味仕方ないでしょう。

●ダイハツ「アトレーワゴン」

 ダイハツ「アトレーワゴン」は商用車の「ハイゼットカーゴ」をベースにした1BOXタイプの軽ワゴンです。現行モデルは2005年に発売された5代目となります。2018年の販売台数は6628台です。

 アトレーはエンジンを前席下に搭載し、リアタイヤを駆動するFR車となっています。この手法は古くから軽トラックやバンに採用されていますが、現在、乗用車では少数派になってしまいました。

 ハイゼットカーゴをベースにしていますが、内外装の質感はアトレーワゴン専用になっています。とくに内装は素材の表面処理を変えて、高級感を演出しています。

 発売後、何度か改良されており、2017年のマイナーチェンジでは、フロントフェイスの刷新と、衝突回避支援ブレーキ機能を含めた先進安全装備「スマートアシストIII」を全車標準装備しました。

 見た目の印象も安全性もアップしているにもかかわらずアトレーワゴンが売れていないのは、やはり1BOXバンと同じスタイルであることが最大の要因だと思われます。

 しかし、バンベースであることは避けられないので、ダイハツとしては、マイナーチェンジでバンと差別化を図るということが、精一杯の対応だったのではないでしょうか。

1/3ページ

最終更新:4/15(月) 17:51
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事