ここから本文です

エクセルで管理?”社員の動き”を変えるだけで会社はもっと改善する

4/15(月) 8:00配信

テレ東プラス

ドラマBiz「スパイラル~町工場の奇跡~」で主演の玉木宏が演じるのは、小さな町工場「マジテック」の再生に挑む、熱きターンアラウンド・マネージャー(事業再生家)の芝野。

そこで今回「テレ東プラス」は、やり手のターンアラウンド・マネージャー(以下・TAM)で、これまでに60社以上を再生させてきた株式会社工場長代表取締役・野添平治氏にインタビューを敢行。

果たして、実際のTAMの目に、「スパイラル~」はどのように映るのか? ドラマに見る事業再生の真実と、経営が危機に瀕した会社を建て直す秘策を合わせて聞いた!

ハゲタカファンドがないと困る会社が多い!?

――「スパイラル~」第1話では、小さな町工場「マジテック」の先代社長である藤村(平泉成)が、取引先と“口約束“を交わしていたことが判明しますが、実際にこういった口約束は多いのでしょうか?

「中小企業の場合、ほとんどが口約束だと言っていいと思います。その口約束が後任に引継がれないことも多々ある。中には『亡くなった部長さんと約束していた』というようなケースもあり、真相がどうかさえわからない時もあります。私がよく言うのは、再生中はそれどころじゃないけれど、『落ち着いたら、取引先ときちんと契約書を交わしましょう』ということ。マジテックも口約束があったことが、今後波紋を呼ぶかもしれませんね」

――「マジテック」は多数の特許を取得していたために、ナオミ(真矢ミキ)が経営するハゲタカファンド(安値で買い叩いた株式や債券などを高値で売り、巨額の富を得るファンドの総称)からも狙われます。ハゲタカファンドが介入するケースはあるのでしょうか?

「ありますね。ハゲタカ的乗っ取りというよりはむしろ、会社の売り先というイメージです。経営状態の悪い会社を受け継いだ後継者が、そのままずっと借金を返し続ける生活が幸せなのか、それとも少しでも高い価値をつけて良い引き取り先を見つけた方が幸せなのか...。そういう選択肢を示してあげることも、私たちの仕事の一つです。ですからハゲタカ含めたファンドに対して悪いイメージはなく、むしろああいう存在がないと困る会社はいっぱいあるのです」

――企業を再生するとなると、社長や社員に情はあっても、ドライに切り捨てなければならない場面も出てくると思います。その辺りの兼ね合いは、野添さんはどうなさっていますか?

「私は人は好きですけど、割とドライな方かもしれません。実際に企業に出向くと、どう見ても働いていない社員がいる。そういう会社に限って社長さんは『私は今まで自分で従業員の首を切ったことはない』っておっしゃいますね。恐らく昔は良かったんでしょうけど、年齢とともに作業効率が低下している社員を大事に使っている。だから若手が入ってこない。これは何かしら手を打たなければならないでしょう。合理的に説明できないものは排除することを勧めるのが私のやり方です。

『スパイラル~』の芝野は、そういう社員も切り捨てないタイプだと感じています。『彼らならきっとできる』そう信じることで再生に取り組んでいるので、ある意味、羨ましいですね。芝野が自分のやり方を貫き、今後どうやって会社を建て直していくのか...とても楽しみです」

1/3ページ

最終更新:4/15(月) 8:00
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事