ここから本文です

住宅と納屋が全焼し焼け跡から男性1人の遺体 84歳の男性か 高松市

4/15(月) 12:00配信

KSB瀬戸内海放送

 15日朝、高松市で住宅と納屋が全焼し、焼け跡から1人が遺体で見つかりました。この家に住む84歳の男性とみられています。

(近所の人はー)
「しばらくしたらババーっと音がして。(火が)すでにあがっていた」

 15日午前7時半ごろ、高松市十川東町の無職、久保浩道さん(84)の住宅から煙が出ていると近所の人から119番通報がありました。消防が約3時間半後に消し止めましたが、木造2階建ての住宅と納屋あわせて約360平方メートルが全焼しました。

 この火事で、焼け跡の1階寝室付近から男性1人が遺体で見つかりました。久保さんは妻(83)と2人暮らしでしたが妻は入院中で、火事のあと久保さんと連絡が取れなくなっています。

 警察では遺体は久保さんとみて身元を確認するとともに火事の原因を調べています。

最終更新:4/15(月) 19:44
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事