ここから本文です

三浦春馬、3年ぶりのドラァグクイーンに自信「今回は美を追求した」【動画付き】

4/15(月) 23:25配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 俳優の三浦春馬(29)が15日、都内で行われたブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』公開ゲネプロ前の囲み取材に出席。2016年の初演から3年ぶりの再演となる同作で、前回から引き続いてドラァグクイーンのローラを演じているが「この扮装ができることに、やはり喜びがありますし、自分の誇りにも思います」と胸を張った。

 前回からの変化は“体作り”だといい「半年間計画的に作ってきたつもりです。以前は割と筋肉質な大きな体を目指していたのですが、今回は割と美を追求したというか、曲線をキレイに見せるための体作りをしてきたつもりです」と力説。「可能であれば、本当にすばらしい舞台なので、このまま続いてくれたら」と期待を寄せていた。

 同作は、経営不振に陥った老舗の靴工場の跡取り息子であるチャーリーが、ドラァグクイーンのローラに出会い、差別や偏見を捨てて、ドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生する過程を描いたイギリス映画をミュージカル化。2016年に日本で初演されたが、今回も主要キャストは続投して再演する。

 囲み取材にはそのほか、小池徹平、ソニン、玉置成実、勝矢、ひのあらた、演出・振り付けを手がけるジェリー・ミッチェル氏も出席。同作は、あす16日から5月12日まで、東京・渋谷の東急シアターオーブで上演される。

最終更新:4/15(月) 23:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事