ここから本文です

マルサが告発した事件の脱税額

4/15(月) 13:34配信

時事通信

 平成の30年間、経済取引の透明化が進んだ。バブル時代に不正蓄財の手段として使われていた割引金融債はなくなり、偽名口座も減少。一方で、仮想通貨が悪用されるなど、脱税手段は巧妙化している。国税局査察部(マルサ)が告発する事件は小口化し、摘発総額はピーク時の6分の1に落ち込むが、国税庁幹部は「時代が変わっても脱税する人間はいる。マルサは最後のとりでだ」と力を込める。

最終更新:4/15(月) 13:34
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事