ここから本文です

サートゥルナーリアの可能性 今回「3強」もダービーでは…【皐月賞回顧】

4/15(月) 16:21配信

優馬

競馬専門紙優馬 佐藤直文のレース回顧

 先週の桜花賞に続いて、またも史上初となる年明け初戦での優勝馬が誕生したわけだが、先週も記した通り、調整法や外厩施設の進歩により必然的に生み出されたものであり、けっして革命的な出来事ではない。ただ、今も昔も変わらないのは、実戦から遠ざかっていた馬が、一度使うと確実に良くなるということ。グランアレグリアにしろ、サートゥルナーリアにしろ、相当なレベルの能力があったからこそ勝てたのだとも言える。今日の結果は着差を考えても“3強”の競馬であったが、ダービーは“1強”となる可能性がかなり高いのではないか。

 そのサートゥルナーリア。スタートから一貫してルメール騎手に馬群の内へ進路を取る素振りは全くなく、常に馬群の外を回る形であったが、これは折り合いに何の不安もない操縦性の高さと、ロスがあっても不利なく回って来られれば勝てる、という自信の表れだったろう。実際にパトロールビデオを見てもわかるように、外から他馬に被されるシーンは一度もなく、自分のリズムで最後まで走り切っていた。直線で左ステッキに反応して内にモタれたのは、ステッキ自体に慣れていないせいもあっただろうが、やはり久々の分。鞍上も即座にステッキを右手に持ち換えて矯正しており、審議になったとはいえ後味の悪いものでもなかった。その鞍上もインタビューで話していたように、次はもっと良くなるはずであり、ダービーでは一体どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、楽しみは尽きない。

 2着ヴェロックスは、勝ち馬よりも一列前のポジションで流れに乗り、自ら動いて勝ちに行く競馬。ぶつけられた不利は痛かったとはいえ、そこから闘志に火が点いたかのような勝負根性も見せて食い下がったあたりは立派であった。距離が延びて更に良さそうなタイプでもあり、これまたダービーではワンランク上の走りが期待できるだろう。

 3着ダノンキングリーは、好位のインでロスのない立ち回りは枠順を考えて当初からの作戦通りの競馬ができたと思えるが、結果的には直線を向いて進路を探す形となり、上位2頭よりもワンテンポ仕掛けが遅れてしまった感が否めない。着差が着差だけに陣営にも悔いが残る一戦だろうが、ここまで無敗の力自体は示した走りだった。

 4着アドマイヤマーズは、4コーナーではほとんど差のない位置だった上位3頭に2馬身の水を開けられたのは、力の差と見ていいだろう。ただ、これは2000mの距離適性の分とも言えるだけに、次のNHKマイルCでの桜花賞馬との対決は見ものであろう。

 5着クラージュゲリエは、キャリアを積むことによっての成長を示した走りで、共同通信杯での上位2頭との差も詰めた形。距離が延びるダービーでは、さらに差が詰まる可能性もある。

 後方から目立つ脚色で伸びたタガノディアマンテは、もう少し時計のかかる馬場であったなら、と思わせたほど。先々が楽しみになる走りだった。ファンタジストは、やはり距離に壁があったと言わざるを得ない。ニシノデイジーは、ここまで負けるのは早熟云々ではなく状態に問題があったか。

最終更新:4/15(月) 16:21
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事