ここから本文です

浜松町駅から徒歩7分で、東京の離島に「ワープ」できた件

4/15(月) 17:30配信

アーバン ライフ メトロ

幻の島グルメからお土産にぴったりの小物まで

・7位 「小笠原パッションフルーツ」の缶酎ハイ

 母島特産のパッションフルーツの果実を丸ごと搾ったストレート混濁果汁を使用した缶酎ハイ。製造メーカーの宝酒造によると、収穫期の夏場に数量限定で生産したもので、在庫がなくなり次第販売終了とのこと。パッションフルーツの甘い香りと独特の風味に、太陽がサンサンと降り注ぐ南の島を彷彿とさせられます。アルコール度数が4%と低めなので女性にも飲みやすい商品です。1缶から購入可能。お土産にも最適です。

・6位 神津島名産 赤イカ入り手づくり塩辛

「イカの王様」と称される幻の高級イカ、赤イカ(剣先イカ)を用いた手作りの塩辛で、全国的に人気の商品です。神津島にある製造元の丸金商店によると、出汁に利尻昆布(日本最高級の昆布)を使い、にがりは伝統的に使われてきた伊豆大島の海水に限定するなど、原料へのこだわりがポイントとのこと。

 赤イカ本来の旨みと甘みがしっかりと感じられ、肉厚で酒肴にするとかなり酒が進みます。熱々の白いご飯にかけて食べたり、ちょっと変わったところで、ホクホクのジャガイモに載せて食べるのも美味しいです。

 同商品は通年美味しく食べられますが、赤イカが肉厚になる最も旬な時季は4~5月。したがって、春先はマストバイ!

・5位 ORGANIC 生ツバキ油×AROMA MIST KIT

 伊豆大島は古くから椿油の生産で有名な島。その生ツバキ油を水と混ぜて使用するミストキットで、女性へのお土産におすすめです。4種類の異なる香りがあり、マスクを使用する際にマスクの表にひと吹きすると、装着したときにいい香りがします。殺菌効果やウィルス対策など、香りごとに異なる効能もあるとしています。島外で販売されているのは同店だけで、価格も500円と手頃です。

・4位 大島バター

 伊豆大島はホルスタインの飼育が盛んで、最盛期(1925年)には1200頭あまりのホルスタインが飼育されていました。これらの牛から搾った牛乳から作られる「大島牛乳」や「大島バター」は島の特産品。大島バターは大島牛乳を作った余剰分の牛乳で作られるため、生産数が少なく、通販も行われていません。また、6リットルの牛乳で1個分のバターしか作れないというのも生産量が少ない所以だそうです。非常にコクがあり、大島の海水で作った塩を使用しているので、ミネラルも豊富。全て手作りの島の薫りいっぱいのバターです。

2/3ページ

最終更新:4/15(月) 17:40
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事