ここから本文です

「ステルス機なのにレーダーに映る!?」 F-35A墜落をめぐる3つの疑問

4/15(月) 18:00配信

FNN.jpプライムオンライン

最新鋭ステルス機墜落事故の3つの疑問

航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機、F-35Aが青森県沖の太平洋上で墜落してから、4月16日で1週間を迎える。

【写真】墜落したF-35A戦闘機を見る

事故は、9日午後7時半ごろ、航空自衛隊三沢基地所属のF-35A戦闘機1機が三沢基地の東、約135キロの太平洋上を飛行していた際、機影がレーダーから消え、無線連絡も途絶えたものだ。現場周辺の海域で、左右の尾翼の一部が見つかったことから、防衛省は10日、この戦闘機が墜落したと断定した。

現場周辺の海域では、行方不明となっているパイロットの細見彰里3等空佐(41)と機体の捜索が24時間態勢で続けられているが、機体の大部分が見つかっていないことから、事故原因の調査は長期化する可能性がある。この事故をめぐる3つの疑問を検証する。

ステルス機なのにレーダーに映る!?

1つめの疑問。F-35Aはレーダーに探知されにくい最新鋭のステルス戦闘機だ。それなのになぜレーダーに映っていたのか。

航空自衛隊によると、「安全管理のためにレーダーに映るようにしていた」 (航空幕僚監部)ということで、「レーダーリフレクター」というレーダー波の反射装置を使っていたことが考えられる。訓練によっては、ステルス性能のない外部燃料タンクなどを取り付け、あえてレーダーに映るようにすることもあるという。また、訓練中は自機の識別信号などを発信する「ATCトランスポンダ」を使い、地上の管制用レーダーで機体の高度や位置情報が把握できる仕組みになっている。

事故機は、9日午後6時59分、夜間の対戦闘機戦闘訓練のため、ほかの3機と共に三沢基地を離陸。訓練空域には10分ほどで到達した。パイロットの細見彰里3等空佐(41)は、総飛行時間が約3200時間のベテランで、F-35Aの飛行時間は約60時間。訓練では「編隊長」として、ほかの3機を指揮する立場だった。
4機は2機ずつに分かれて攻撃と防御の訓練をはじめたところ、午後7時26分、攻撃側だった細見3佐が「ノック・イット・オフ(Knock it off = 訓練中止)」と無線で伝え、1分後の午後7時27分に機影がレーダーから消えた。
戦闘機のパイロットは、緊急時に座席ごと射出される「緊急脱出」を行うが、今回の事故では、そうした形跡がなく、脱出後にパイロットの位置を示す「ビーコン」と呼ばれる発信機からの救難信号も確認されていない。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事