ここから本文です

大宮駅でキャンペーン 青少年を「JKビジネス」「自画撮り」被害から守れ/埼玉県

4/15(月) 21:51配信

テレ玉

女子高校生に接待をさせるいわゆる「JKビジネス」や「自画撮り」の被害から青少年を守ろうというキャンペーンがJR大宮駅西口で行われました。

15日のキャンペーンには県内の高校生や青少年健全育成に協力する団体の関係者のほか、県出身のアイドル・本間菜穂さん、アイドルグループ・「いちごみるく色に染まりたい。光」のメンバーも参加しました。

地元の菓子メーカーが提供した啓発品のお菓子には「JKビジネスNO!甘い誘惑に負けない」と記されていて参加者は女子高校生を中心に配布しながら被害の防止を呼びかけていました。埼玉県では県青少年健全育成条例が改正され、去年12月から「自画撮り」で児童ポルノなどの提供を求める行為を禁止し、今月1日からは「JKビジネス」の営業に関する規制が強化されています。このキャンペーンはあすはJR川越駅であさってはJR熊谷駅で行われる予定です。

最終更新:4/15(月) 21:51
テレ玉

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事