ここから本文です

お金が貯まる「お財布スリム化」に役立つテク3選 20代で1000万円貯めた筆者直伝

4/15(月) 13:00配信

マネーの達人

2. ポイントカードはアプリで一括管理

ポイントカードもお財布を圧迫している代表格です。

買い物をした際に「ポイントカードを作りますか」と聞かれると、それほど行かないお店のものでもつい作ってしまうことがあります。

使わないうちに有効期限を迎え、それに気づかずに入れっぱなしということもよくあります。

まずは、いまお財布の中に入っているポイントカードを仕分けして、期限切れのもの、使わないと思われるものは捨てましょう。

それでもなかなかの枚数が残るかもしれませんが、ポイントカードはうまく使えば絶大な節約パワーをもつので、すべてを破棄する必要はありません。

残ったポイントカードは、「Stocard(ストカード)」というスマホアプリで一括管理するのがオススメです。

Stcardは無料で使えるポイントカード管理アプリです。

ダウンロードをするだけで面倒な会員登録も必要ありません。

アプリを立ち上げたらスマホのカメラでポイントカードのバーコード部分をスキャンするだけです。

これで一括管理すればポイントカードを持ち歩くことなく、使う際にお財布の中を必死に探す手間もなくなります。

お店で画面を見せるだけでポイントが貯まるのです。

「Pontaカード」や「マツキヨカード」などよく使うものから、「ニトリ」や「ビックカメラ」などのたまにしか出番のないものまで、ほとんどの種類を登録できます。

もちろん貯まったポイントも使えます。

ポイントカードがかさばって困るという方はぜひ一度試してみてください。

3. レシートをスキャンしてポイント獲得

レシートがたまるとお札と混ざって分かりづらくなりますよね、

これもまたお財布がかさばる要因のひとつです。

しかし家計簿管理に必要だったり、すぐに捨てられるゴミ箱がなかったりと、レシートがたまってしまうのもよくあることです。

ですが、たまったレシートも実は無駄ではありません。

レシートをスキャンしてポイントに換えることができるアプリがあります。

これまでもレシートをスキャンして家計簿をつけてくれるものや、おすすめレシピを教えてくれるものなどさまざまなアプリがありましたが、レシート読み取りアプリは日々進化しています。

レシートをアプリで読み取るだけで自動的に家計簿作成してくれるだけでなく、ポイントに還元できたり、懸賞に参加できたりと、ゲーム感覚で節約できるアプリがたくさんリリースされています。

種類はさまざまで、生活スタイルによって節約効果が異なります。

<レシート読み取りアプリの一例>
・ 楽天ポイントをよく使う → Rakuten Pasha(ラクテンパシャ)

・ Tポイントをよく使う → レシーカ

・ Pontaポイントをよく使う→ レシート de Ponta(レシートでポンタ)

といった具合です。

気軽にはじめるには、自分がよく使うポイントをベースにするのがよいでしょう。

一方、ポイントの付与方法や還元率、換金性、対象商品などもアプリによってさまざまですので、こだわって決めたい方はどのタイプが自分に合うかぜひ調べてみてください。

1日の終わりにレシートをスキャンして捨てる癖がつけば、お財布が圧迫されることもなくなるはずです。

お財布をスリム化 お金を貯める体質

ポイントカードやレシートがたまっていたり小銭がいっぱいで重かったりと、整理されていないお財布では貯まるものも貯まらなくなってしまいます。

ご紹介した3つの方法をとり入れるだけでもお財布はかなりスッキリします。

お財布をスリムに変身させて、お金を呼び込む体質づくりに役立ててください。(執筆者:島村 妃奈 / 20代で1000万円を貯めた経験を元に、実用的なマネー術をご紹介します)

2/2ページ

最終更新:4/15(月) 13:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事