ここから本文です

「一生の思い出に残る体験」ができる海外フェスは?

4/15(月) 17:51配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、様々な旬のトピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週は、「一度は行ってみたい海外フェス特集」をお届け。

特集4日目となる4月11日(木)のオンエアでは、日本最大級のフェス情報サイト「Festival Life」の編集長を務める、フェスジャーナリストの津田昌太朗さんと電話を繋ぎ、おすすめの海外フェスを訊きました。

フェスの帰りの飛行機で辞表を

津田さんは、イギリスのグラストンベリー・フェスティバルに参加したことがきっかけで、会社を辞めてイギリスに移住したそうです。

あっこゴリラ:なぜ、イギリスに移住しようと思ったんですか?
津田:グラストンベリーはイギリスの大きな海外フェスで、フジロックのモデルにもなりました。友だちがたまたまチケットを取ってくれて行けることになったんです。当時50周年を迎えていたザ・ローリング・ストーンズのライブが出ていて、あまりにも衝撃が大きすぎて、日本に帰る飛行機の中で辞表を書きました。
あっこゴリラ:(笑)。
津田:日本のフェスは既に100回以上は参加してたけど、これ以上の衝撃はないだろうと。想像を超えてくる体験だったんです。それぞれのライブがすごいとか、ステージの装飾がすごいというのもあるけど、トータルの世界観がすごいんです。ひとつひとつの細かいところに心を撃ち抜かれてしまって、移住して海外のフェスを周ることを始めました。

津田さんが感じる海外フェスの魅力とは?

津田:海外に旅行すると、普通は観光地に行ったり、スポーツを観に行ったりすると思いますが、フェスに行くとファッションや音楽の流行など、その国のことが非常によくわかるんです。いろいろな国のことを知ることができるのが魅力です。

1/2ページ

最終更新:4/15(月) 17:51
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事