ここから本文です

神戸加入から約1ヶ月経ったサンペール、チームの修正点を語る

4/15(月) 12:45配信

SPORT.es

明治安田生命J1リーグ第7節ヴィッセル神戸対サンフレッチェ広島の試合が14日(日)16:00よりノエビアスタジアム神戸で行われ、2-4で広島が逆転勝利を手にした。
先発出場したサンペールは、自身のプレーを振り返り、チームの修正点についても言及している。

サンペールの神戸移籍を勧めたのはピケ「トレーニングの際に教えてくれた」

■後半立て続けの失点について
「向こうも良いプレーが続いて自信をつけてきた。前回も良い結果が出せなかったこともあり、自分たちには自信が足りなかった。今日は自分たちも良いゲーム運びが出来てたし、チャンスも作ることが出来た。もう少し早い段階でゴールを奪えたら結果は違っていたと思う」

■Jリーグの環境は慣れてきたのか
「自分としても特に前半は気持ちよくプレーできた。日を重ねるごとに適応出来てきていると思う。疲れと違和感があり交代したが、良い状態で次の試合を迎えられたらと思う」

■チームの修正点は?
「今自分たちがやるべきことは、今やっていることを続けること。難しい時にスタイルが揺らいだりすることは簡単だが、この状況だからこそ、自分たちのスタイルを追求し続けることが大切」

3月上旬にヴィッセル神戸へ移籍してきた、バルサ育ちのMFにヴィッセル神戸に確かなゲーム運びを期待している。前半は良いリズムでゲーム展開を出来ていたが、後半押し込まれると存在感を消すところもあった。まだ日本へきて1ヶ月。ブスケツの後継者とも言われるサンペールにサポーターの期待が寄せられている。

SPORT.es

最終更新:4/15(月) 12:45
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事