ここから本文です

「女性向け医療保険」は加入すべき? 医療保険が必要な方をFPがアドバイス

4/15(月) 16:01配信

マネーの達人

FP(ファイナンシャルプランナ-)として保険の相談を受けることがよくあります。

ご相談は女性の方が多いですが、多くの保険会社が取り扱っている「女性向けの医療保険」に加入すべきかお悩みの方も増えています。

今回は女性の医療保険はどのように加入していけばいいのか考えてみたいと思います。

保険会社や保険代理店の言葉を鵜呑みにしない

まず保険の相談をする時に、特定の保険会社や特定の保険会社の保険のみ取り扱っている専属の保険代理店、それに加えて複数の保険会社を同時に取り扱っている保険代理店(保険ショップ)などでご相談される事が多いと思います。

保険会社や保険代理店は基本的に営利目的ですので「保険に加入しない方がよい」という提案がされることはまずないと考えてください。

取り扱える保険商品の中から何らかの提案がされるはずです。 

ご相談者の立場で最適な保険を提案してくれた場合はいいのですが、中には「一番儲かりそうな保険商品」を提案してくる場合もあります。

ですから、自分の家計状況や保険に加入する目的などをしっかり考慮したうえで加入する保険商品を選びましょう。

そもそも医療保険は必要か

女性向けに限らず、「そもそも医療保険は必要か?」という疑問が生じます。

もしあなたが入院や手術の必要がある場合に医療機関への支払いはどのぐらいの金額になるでしょうか。

あなたが公的な健康保険に加入もしくは配偶者の扶養家族として公的な健康保険が使える場合は一部高齢者や子供を除いて、窓口で支払う自己負担は原則的に3割です。

100万円の医療費がかかったとしても窓口負担は30万円です。

しかし、公的な健康保険では月単位で年収などに応じて高額療養費の自己負担限度額が定められています。

サラリーマンの多くの方が適用対象となる年収が約770万円未満であれば実質的な自己負担は月10万円未満に抑えられます。

過去12か月以内に3回以上、上限額に達した場合は多数回として4回目からはさらに軽減されます。

あなたがサラリーマンであれば、業務外の病気やケガが事由で仕事に就くことができず、会社から給与の支払いが受けられない場合は、4日目から最長1年6か月まで標準報酬月額の約3分の2が傷病手当金として支給されます。

このように高額療養費や傷病手当金などの公的な制度が使えれば、過度に医療保険の加入を考える必要はないと思います。

1/2ページ

最終更新:4/15(月) 16:01
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事