ここから本文です

エリクセンの獲得狙うマンU 週給3500万円のオファーも準備

4/15(月) 21:35配信

SPORT.es

今週14日(日)の『The Mirror』の報道によると、マンチェスター・ユナイテッドの監督、オーレ・グンナー・スールシャールはトッテナム・ホットスパーのスター選手の1人、デンマーク人のクリスティアン・エリクセンの獲得をクラブに要求したという。

天文学的な移籍金でレアルのエリクセン獲得が事実上消滅

レッド・デビルズの監督は彼のチームの攻撃を補強するためにプレービジョンとクオリティをもたらす事のできる選手の獲得を望んでいる。
そして彼はスパーズのMFがその理想の選手になり得ると考えている。

もちろん、エリクセンの獲得には厳しい交渉人として知られるトッテナムのオーナー、ダニエル・レヴィーの意思という何よりも困難な障壁を乗り越える必要がある。
さらに彼は新スタジアムがオープンした今、プロジェクトの勢いを失わせないために取り組んでいる。
『The Mirror』の報道によると、スパーズはエリクセンの移籍について交渉するためには約1億1,000万ユーロ(約140億円)を要求するという。

エリクセンは近年、多くのビッグクラブのターゲットとして噂されている。
昨夏にはバルサとも関連付けられ、最近数週間はレアル・マドリーが彼の獲得レースに参戦したと噂されている。
しかし、トッテナムはエリクセンの売却を拒否しているため、大筋において実現する事はないだろう。

実際、トッテナムの監督マウリシオ・ポチェッティーノが当時、契約を更新する際に提示した条件の1つはエリクセン、ハリー・ケイン、デレ・アリといったチームの主力選手達の引き留めだった。
今シーズン、エリクセンはトッテナムで42試合に出場し、8ゴール16アシストをマークしている。

27歳のエリクセンはトッテナムと2020年6月まで契約を残しており、クラブの幹部達とコンタクトを取り続けているが、まだ契約更新のオファーは受け入れていない。

それによって彼の将来に関する憶測が引き起こされている。最終的に契約を更新しない場合、トッテナムはフリーで彼を手放す事を避けるために来夏に売却する必要が出てくるためである。
その場合、マンチェスター・ユナイテッドは週給27万7,000ユーロ(約3,500万円)という好条件でオファーをかけるつもりがあるようだ。今後の動向に注目しよう。

SPORT.es

最終更新:4/15(月) 21:35
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事