ここから本文です

夏野剛氏がNTTドコモの”最大4割値下げ”に「全然わかりやすくない」 総務省にも苦言

4/15(月) 22:38配信

AbemaTIMES

 きょう午後、新料金プランを発表したNTTドコモ。会見に登壇した吉澤社長によると、多くの利用者から指摘されてきた料金体系の複雑さの解消を目指して基本料金や通信料などを一つにまとめ、月額5980円でネット使い放題の「ギガホ」と、最低月額1980円から利用できるデータ量に応じたプラン「ギガライト」の2つを設定。2年間の継続契約や3人以上の家族の加入という条件のもと、“最大4割の値下げ“を実現したとしている。

 元NTTドコモ執行役員の夏野剛・ドワンゴ社長は「吉澤社長が自信なさそうにお話されていたように、全然わかりやすくない。シンプルなメニューになったと言うが、ギガライトの中には幾つかの段階もあるし、同じじゃんとも思う。値下げした料金を作ってみました、というだけで、本当に値下げになっているわけではない。色々な条件を組み合わせれば最大4割安くなる、ということ。頭のいい経営企画部が経営へのインパクトがないように、“理論的には安くなるよね“というところを目指してプランを作るから、本当にみんなが安くなるようなプランは作らない。もちろん新しく契約すれば安くなるかもしれないが、ドコモショップ行くと待ち時間も長いし説明もくどくどかかるから、そのままでいいやというひともいっぱいいると思う。だから結局、みんなが安くなるわけではない」と指摘。

 さらに「この間、僕のtwitterが大炎上した。うちの母親の明細を見たら、3000円分以上もオプションが付いていた。76歳なのに筋トレとか、子ども向けとか、アニメとか。クラウド50GBなんて、どうするんだ!って。他にも女性の体調管理の有料コンテンツも付いていた。曖昧な言い方で、“3か月後に解約してくれればいいし、絶対お得です“とかって加入時に言うから。このツイートがテレビに取り上げられちゃったから、もうドコモを辞めて10年なのに、“お前が言うなと言われた(笑)。母親も翌週ドコモショップに言ったら、異常に対応が冷たかったって。石神井公園支店!(笑)」とヒートアップした。

1/2ページ

最終更新:4/15(月) 22:38
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事