ここから本文です

「Alexa」の録音内容、数千人のアマゾン従業員が聞いている

4/15(月) 12:51配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 何千万人もの人が、スマートスピーカーと音声ソフトウエアを使って、ゲームをしたり、楽曲を見つけたり、雑学の知識を探したりしている。一方で、誰かが耳を傾けていることを恐れてこのデバイスとその強力なマイクを自宅に入れることを避ける人も何百万人もいる。

実際、聞かれている場合もある。アマゾン・ドット・コムのスマートスピーカー「エコー」に搭載された人工知能(AI)「アレクサ」の性能を向上させるために、世界で数千人のアマゾン従業員が働いている。このチームは、エコー所有者の家やオフィスで録音された音声を聞く。録音内容は文字に起こされ注釈を付けられてソフトウエアにフィードバックされる。人間の発話に対するアレクサの理解能力を高めコマンドに対する反応を向上させる取り組みの一環だ。

このプログラムについて作業をした7人によると、アレクサの改善プロセスはソフトウエアのアルゴリズムを鍛える上で、見過ごされがちな人間の役割を重視する。 アマゾンのマーケティング資料によると、アレクサは「クラウド上に住んでいて、常に賢くなっている」。しかし、経験から学ぶ多くのソフトウエアツールと同様、アレクサの学習にも人間が携わっている。

プログラムについて公に話すことを禁止する秘密保持契約に署名した人々によると、このチームは、ボストンからコスタリカ、インド、ルーマニアに至る各地で働くコントラクターとアマゾンの正社員で構成されている。 アマゾンがブカレストに置くオフィスで働く2人によると、1日9時間の勤務の間に1人当たり最大1000本の録音を解析するという。

作業は総じてありきたりで単純なもので、例えば「テーラー・スウィフト」という特定の発話を集め、シンガーソングライターのテーラー・スウィフトのことだと注釈を付ける。作業者は時に、エコーの所有者が聞かれたくなかったような音声にも遭遇する。シャワーを浴びながら調子っぱずれに歌っている声や助けを求める子供の悲鳴などだ。時には気にかかる、あるいは犯罪の恐れがあるような音声を聞くこともある。 性的暴行であると思われる状況の音声を聞いたと話す2人の従業員もいる。

1/2ページ

最終更新:4/15(月) 12:51
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事