ここから本文です

大谷翔平の“後輩”がオランダリーグ挑戦 花巻東出身左腕の異国での挑戦

4/15(月) 7:10配信

Full-Count

米国でのトラベリングチーム「アジアンブリーズ」に参加した小野寺祐人

 2月21日から米国各地で行われてきた試合を通じ、プロ契約を目指したトラベリングチーム「アジアンブリーズ」。約1ヶ月の戦いを終えて、4名の選手が海外でのプレー機会を勝ち取った。その1人が花巻東高校出身の小野寺祐人投手だ。

【動画】NPB復帰を目指し奮闘中! 元DeNA・ソフトバンク、現BC栃木・北方悠誠の投球動画

 小野寺は岩手県奥州市出身で140キロの直球とカーブを操る左腕。高校は花巻東高で、エンゼルスの大谷翔平投手の2学年、日本ハムの岸里亮佑外野手の1学年後輩にあたる。卒業後は東北学院大に進学し、昨秋の仙台六大学リーグではノーヒットノーランを達成するなど、ベストナインに選出された実績を持つ。

 高校、大学と結果を残してきた小野寺は、卒業にあたり次なる進路に向けて悩んでいた。そんなとき知人からイランやパキスタンなどアジア3か国で代表監督を務めた色川冬馬氏を紹介された。色川氏は当時、米国各地で試合をしながらプロ契約を目指すトラベリングチーム「アジアンブリーズ」を立ち上げて選手を募集していた。お互いの経験話や野球談議に花を咲かせるにつれて小野寺自身に選手としての選択肢が増えたという。

「いくつかある選択肢の中で海外で楽しく野球をやっているイメージが出来たこと、その選択肢の中で自分が1番成長できる環境が海外だと思ったのでアジアンブリーズに参加しました」

 こうして参加を決めた小野寺は2月下旬、米国へと旅立った。アジアンブリーズには国内外から20人の選手が集結。チームには日本からではなく、香港やフィンランドといったさらなる高みを目指す選手たちが在籍し異国の地で生活を共にすることになった。最初は食事や通訳なしで首脳陣とコミュニケーションをとることに苦労したというが、日が経つにつれて自然と順応していった。

 小野寺が在籍したアジアンブリーズの対戦相手はドジャースやレンジャーズといったメジャー球団のマイナーチームやメキシカンリーグのチームなど、日本では対戦機会がないチームだった。小野寺自身はドジャース戦に2試合登板して、ともに無失点の好成績を残した。

1/2ページ

最終更新:4/15(月) 7:10
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事