ここから本文です

本塁打増加、打てる捕手も、昨季セ覇者がまさかの… プロ野球開幕5大ニュース

4/15(月) 14:27配信

Full-Count

広島がまさかの最下位低迷、NPBにもフライボール革命?

 プロ野球は14日で各球団が5カードを消化。セ・リーグはヤクルト、パ・リーグはソフトバンクが開幕ダッシュを決めて、首位に立っている。全143試合と長丁場のペナントレース。各チームの2019年シーズンのチームカラーが見えつつある中、Full-Count編集部は独断で開幕5大ニュースを選出した。

【写真集】広瀬すず似の美女も…福岡ドームを彩る球場の華、総勢33人の売り子美女ギャラリー

1.セ界王者広島がまさかの低迷

 今春、野球ファンを最も驚かせたのはセ・リーグ3連覇中のカープの低迷だろう。14日のDeNA戦で今季5度目の逆転負けを喫し、開幕から全5カード連続の負け越し。借金7にふくらんだ。10日のヤクルト戦では延長10回に12失点。延長での1イニング12失点はプロ野球ワースト記録だ。チーム45得点、80失点はいずれも12球団ワースト。これは昨季まで2年連続MVPに輝いた丸佳浩が巨人へFA移籍、ベテラン新井貴浩が現役引退した影響なのか。今後の巻き返しに期待したい。
 

2.鷹甲斐野、DeNA上茶谷ら新人奮闘

 今季は10人が開幕1軍入り。ソフトバンクの甲斐野央は開幕戦で勝利。ここまで7試合登板し、1勝6ホールド、防御率0.00と圧巻の投球を見せている。上茶谷大河は先発ローテ入りし、0勝0敗も防御率2.77。巨人の高橋優貴はプロ初登板初勝利を挙げた。阪神の木浪聖也&近本光司は球団新人史上初となる「開幕戦1、2番コンビ」を結成。近本は打率.289、2本塁打、6打点をマークしている。また、楽天の辰己涼介は10試合出場し、打率.217。ロッテの藤原恭大は開幕スタメンを勝ち取り、プロ初安打をマークした。

3.NPB本塁打増 開幕5カード終了で昨季128本→今季176本

 開幕5カードが終了し、本塁打が増えている。今季から本拠地ZOZOマリンと狭くなったロッテは昨季5カード終了時7本から3倍増の21本、広島からFAで丸佳浩が加入した巨人は昨季11本から2倍増の22本と量産している。首位のヤクルトは約2倍増の18本。12球団で昨季よりチーム本塁打が減ったのは阪神、日本ハム、広島の3球団のみ。セ・リーグ全体では昨季65本から約1.5倍の95本。パ・リーグでは昨季63本から81本と増え、NPB全体では昨季128本から176本と大幅増した。

【チーム本塁打の昨季と今季の比較】※開幕5カード終了時点
▼セ・リーグ
ヤクルト 10本→18本
DeNA 12本→19本
巨人 11本→22本
中日 9本→15本
阪神 9本→8本
広島 14本→13本

▼パ・リーグ
ソフトバンク 14本→21本
楽天 8本→10本
日本ハム 13本→6本
西武 12本→14本
オリックス 9本→9本
ロッテ 7本→21本

1/2ページ

最終更新:4/15(月) 14:59
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/17(月) 19:35

あなたにおすすめの記事