ここから本文です

アルボン、最後方から10位獲得でベストドライバー賞も受賞「この1点は頑張ってくれたメカニックたちのもの」:トロロッソ・ホンダ F1中国GP日曜

4/15(月) 0:43配信

オートスポーツweb

 2019年F1中国GP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは10位だった。FP3で大クラッシュしたことでピットレーンからスタートしたアルボンは、ソフトタイヤからハードへと交換する1回ストップで走り、オーバーテイクを繰り返して10番手に浮上。終盤、すぐ後ろにロマン・グロージャンが近づいてきたものの、ポジションを守り切り、入賞を果たした。アルボンはドライバー・オブ・ザ・デーにも選ばれている。

【関連写真】アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)がFP3で大クラッシュ

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
アレクサンダー・アルボン 決勝=10位
 最初に、昨日大量の作業をしてくれたチームに心からお礼を言いたい。FP3の後は見通しが暗く思えたが、昨夜皆が頑張ってシャシー交換をしてくれた。彼らのおかげでいいレースができた。1ポイントを持ち帰り、努力に報いることができてうれしい。

 金曜に僕は少し悲観的になっていたけど、チームの皆が頑張って作業してくれた。だからこのリザルトは彼らのものだ。

 週末を通してペースがよかったから、予選に出ていたらQ3進出に挑戦できたはずだ。でもマシンを修理しなければならず、そのチャンスを失った。

 最初は2回ストップでいく予定だった。大部分の人にとってタイヤのデグラデーションは予想よりも大きかったが、FP2でのテストで僕らのタイヤの状態はよかったから、1回交換で行くことにした。ハードタイヤを長く持たせなければならなくて、とても難しいレースだった。終盤にはグロージャンに抜かれそうになってドキドキしたけど、何とかポジションを守り切れたから本当にうれしい。



[オートスポーツweb ]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事