ここから本文です

SBK第4戦オランダ:バウティスタが開幕11連勝を記録。ファン・デル・マークが母国で表彰台に上がる

4/15(月) 14:05配信

オートスポーツweb

 スーパーバイク世界選手権(SBK)第4戦オランダがTT・サーキット・アッセンにて行われ、Aruba.it レーシング-ドゥカティのアルバロ・バウティスタが開幕から11連勝を達成した。

【写真】母国レースを迎えたマイケル・ファン・デル・マーク。第4戦オランダのレース2で2位に入賞した

 この第4戦は、悪天候により土曜日のレース1が2度のスタートディレイの末に日曜日に延期。さらにスーパーポール・レースが中止になったことにより、2レースのみの開催となった。

 また今回のレースより、ホンダとドゥカティのエンジン回転数の上限(レブリミット)が変更された。ドゥカティ・パニガーレV4 Rは16,350回転から250回転下がった16,100回転、ホンダCBR1000RR SP2は14,550回転から500回転上がり15,050回転となっている。

 スーパーポールでは、ここまでの3戦で9連勝を挙げているバウティスタが1分34秒740をマークしてポールポジションを獲得し、第2戦タイから3戦連続となるポールポジションを獲得した。

 2番手につけたのは、母国レースを迎えたパタ・ヤマハ・ワールドSBKチームのマイケル・ファン・デル・マークで、タイムは1分34秒822だった。3番手は、ファン・デル・マークからわずか0.006秒差の1分34秒828を記録したマーカス・ライターベルガー(BMWモトラッド・ワールドSBKチーム)。2018年王者のジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)は1分35秒530で8番手だった。

 なお清成龍一(モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム)は、スーパーポールでのクラッシュにより当初はレース1を欠場することになっていたが、無事に日曜日に開催された2レースへ出場した。

■レース1:バウティスタが連勝記録を10に伸ばす。清成は15位入賞

 レース1は気温6度、路面温度8度というドライコンディションでスタート。ポールポジションのバウティスタがホールショットを奪い、その後ろでライターベルガーが2番手に浮上。ファン・デル・マーク、レオン・ハスラム(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)、レイというトップ5でオープニングラップを終えた。

 2周目に入るとライターベルガー、ファン・デル・マーク、レイによる2番手争いが繰り広げられる。ポジションを守ったライターベルガーはトップを走るバウティスタを1秒以内の差で追うが、その背後にはぴたりとレイがついていた。

 レイは8周目にライターベルガーを捉えて2番手に浮上するが、翌周にはライターベルガーがポジションを取り戻した。さらにライターベルガーにはファン・デル・マークが追いつき、その後ろでは5番手を走るアレックス・ロウズ(パタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム)にハスラムが迫っていた。

 レースの折り返しを迎える頃には、バウティスタが後続に1秒以上の差をつけていた。残り周回数が10周をを切ると上位集団がばらけはじめ、2番手にレイ、3番手にファン・デル・マーク、以下ロウズ、ハスラム、ライターベルガーという並びでレース終盤を迎えた。

 結局トップを走るバウティスタはスタートから一度もポジションを譲ることなく、2番手以降を3秒以上も突き放して開幕から10連勝を達成。連勝記録ではコーリン・エドワーズとニール・ホジソン(それぞれ9連勝)を抜いて、単独2位に浮上した。

 2位は8番手スタートのレイ、3位にファン・デル・マークという表彰台の顔ぶれに。ロウズが4位争いを制し、ハスラムは5位でフィニッシュ。一時はバウティスタに迫るかのペースを見せたライターベルガーは6位だった。また15番手からスタートした清成は、スタート直後に最後尾までポジションを落とすも、その後はポジションを取り戻し15位に入賞した。

■SBK第4戦オランダ レース1順位結果(21周)
Pos./No./Rider/Team/Machine/Time/Gap
1/19/A.バウティスタ/Aruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)/33'30.479
2/1/J.レイ/カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)/3.130
3/60/M.ファン・デル・マーク/パタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム(ヤマハYZF-R1)/4.934
4/22/A.ロウズ/パタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム(ヤマハYZF-R1)/10.679
5/91/L.ハスラム/カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)/10.859
6/28/M.ライターベルガー/BMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)/15.105
7/7/C.デイビス/Aruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)/17.001
8/81/J.トーレス/チーム・ペデルチーニ・レーシング(カワサキZX-10RR)/20.227
9/54/T.ラズガットリオグル/ターキッシュ・プセッティレーシング(カワサキZX-10RR)/20.276
10/66/T.サイクス/BMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)/21.748
11/2/L.キャミア/モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR)/32.686
12/33/M.メランドリ/GRTヤマハ・ワールドSBK(ヤマハYZF-R1)/38.777
13/11/S.コルテセ/GRTヤマハ・ワールドSBK(ヤマハYZF-R1)/43.075
14/50/E.ラバティ/チーム・ゴーイレブン(ドゥカティパニガーレV4 R)/46.018
15/23/清成龍一/モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR)/46.293
16/80/H.バルベラ/Orelac Racing VerdNatura(Kawasaki ZX-10RR)/2 Laps
RET/21/M.ルーベン・リナルディ/バーニーレーシングチーム(ドゥカティ パニガーレV4 R)/5 Laps(リタイア)
RET/52/A.デルビアンコ/アルティア・ミエ・レーシングチーム(ホンダCBR1000RR)/11 Laps(リタイア)


■レース2:レイ、バウティスタを止められず。連勝記録は歴代1位タイに

 通常であればレース2の前に行われるスーパーポール・レースが中止となったため、このレース2のスターティンググリッドも、土曜日のスーパーポールの結果が適用された。

 レース2は気温9度、路面温度15度のドライコンディションで行われた。ポールポジションからスタートしたバウティスタがこのレース2でもホールショットを奪った。ところが8番手スタートのレイが一気に2番手までポジションを上げると、そのままトップに浮上した。

 レイはバウティスタよりもわずかに速いペースで周回を重ねたが、6周目にはバウティスタがトップの座を取り戻し、ファステストラップを記録した。さらに3番手までポジションを上げていたデイビスもレイをパスして2番手に浮上するが、翌周にはレイが2番手に。この隙にロウズやファン・デル・マークもデイビスに迫り、ハスラムも含めた4名による3番手争いが繰り広げられた。

 トップに浮上したバウティスタは2番手のレイを1秒以上引き離してレース後半を迎える。その後ろではロウズとファン・デル・マークがデイビスとハスラムを引き離し、チームメイト同士で3番手を争っていた。

 残り4周のところで、3番手に浮上したファン・デル・マークが2番手のレイに追いついた。ファン・デル・マークはレイよりも速いペースで周回し、残り2周のところでレイをパスして2番手に。両者のギャップは0.2秒のままファイナルラップに突入した。

 一方トップのバウティスタは後続とのギャップを開いて独走し、最終的には4.688秒の差をつけて開幕から11連勝を達成した。これにより、2018年にレイが打ち立てた歴代1位の連勝記録に並んだ。

 最後まで続いたファン・デル・マークとレイの2番手争いでは、レイがファン・デル・マークに仕掛けた際に両者が接触するシーンも見られた。最後はファン・デル・マークとレイが並んでホームストレートへ戻ってきたが、わずかにファン・デル・マークの方が前でフィニッシュし2位に。0.018秒差でレイが3位となった。

 ロウズが4位に入賞し、一時は表彰台圏内を走行したデイビスが5位。その後ろではBMW勢が並ぶような形でフィニッシュ。6位にライターベルガー、0.014秒差の7位にサイクスが入賞した。なお清成は5周目にリタイアとなった。

 同日行われたスーパースポーツ世界選手権(WSS)第2戦では、フェデリコ・カリカスロ(BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team Y)が今シーズン初優勝を飾った。2番手スタートのカリカスロはオープニングラップで8番手までポジションを落としたが、他のライダーのミスもあって2番手までポジションを取り返した。最終ラップに入るとチームメイトのランディ・クルメンナッハをパスしてトップに浮上し、背後に迫るクルメンナッハを抑えて優勝を飾った。

 3位はトーマス・グラディンガー(Kallio Racing)で、5番手スタートの大久保光(Kawasaki Puccetti Racing)は7位でレースを終えた。

 またスーパースポーツ世界選手権300(WSS300)では2戦目を迎えた。日本人ライダーの岡谷雄太(DS Junior Team)はスーパーポールで上位を狙える状況だったものの、バイクのトラブルによりタイムを計測することができなかった。さらには悪天候によりLast Chance Raceも中止となったため、決勝レース進出は適わなかった。

■SBK第3戦アラゴン レース2 順位結果(21周)
Pos./No./Rider/Team/Machine/Time/Gap
1/19/A.バウティスタ/Aruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)/33'28.682
2/60/M.ファン・デル・マーク/パタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム(ヤマハYZF-R1)/4.688
3/1/J.レイ/カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)/4.706
4/22/A.ロウズ/パタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム(ヤマハYZF-R1)/10.073
5/7/C.デイビス/Aruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)/13.667
6/28/M.ライターベルガー/BMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)/15.373
7/66/T.サイクス/BMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)/15.387
8/91/L.ハスラム/カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)/20.915
9/54/T.ラズガットリオグル/ターキッシュ・プセッティレーシング(カワサキZX-10RR)/22.922
10/81/J.トーレス/チーム・ペデルチーニ・レーシング(カワサキZX-10RR)/23.518
11/11/S.コルテセ/GRTヤマハ・ワールドSBK(ヤマハYZF-R1)/28.286
12/2/L.キャミア/モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR)/36.039
13/50/E.ラバティ/チーム・ゴーイレブン(ドゥカティパニガーレV4 R)/36.539
14/33/M.メランドリ/GRTヤマハ・ワールドSBK(ヤマハYZF-R1)/36.895
15/21/M.ルーベン・リナルディ/バーニーレーシングチーム(ドゥカティ パニガーレV4 R)/36.913
16/80/H.バルベラ/Orelac Racing VerdNatura(Kawasaki ZX-10RR)/37.095
17/52/A.デルビアンコ/アルティア・ミエ・レーシングチーム(ホンダCBR1000RR)/1'10.200
RET/23/清成龍一/モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR)/5 Laps(リタイア)


[オートスポーツweb ]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事