ここから本文です

キセキが凱旋門賞登録、出走は宝塚の結果見て判断

4/15(月) 4:01配信

日刊スポーツ

17年菊花賞馬で、今年の大阪杯2着だったキセキ(牡5、角居)が、世界最高峰のレースとして知られるフランスの凱旋門賞に登録することが14日、分かった。角居師が明かした。

【写真】17年10月、菊花賞を制したキセキ

次戦の宝塚記念(G1、芝2200メートル、6月23日=阪神)の結果を見た上で、遠征するかどうかを決める見通し。「オーナーと相談して『とりあえず登録しましょう』となった。(前走後は)放牧に出していて順調です」と説明した。凱旋門賞へは厩舎の後輩サートゥルナーリアとの2頭出しになる可能性もある。

最終更新:4/19(金) 9:06
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事