ここから本文です

山下智久「インハンド」感染症から…初回11・3%

4/15(月) 10:35配信

日刊スポーツ

12日に放送された、山下智久(34)主演のTBS系ドラマ「インハンド」(金曜午後10時)第1話の平均視聴率が11・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。

ドラマは朱戸アオ氏による同名コミックが原作。山下演じるロボットハンドの義手を持つ変わり者の天才科学者・紐倉哲が、浜田岳(30)演じるお人よしで正義感の強い熱血助手の高家春馬と、菜々緒(30)演じるクールでやり手な美人官僚、牧野巴とともに最新科学がもたらすさまざまな難事件に立ち向かうヒューマンサイエンスミステリー。

第1話では、寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)が、関東近郊にある巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究。人嫌いでドSな変わり者だが、博識で天才的な頭脳を持つ男だ。右手がロボットハンドの義手であるのも特徴である。

そんな紐倉のもとに、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴(菜々緒)という美人官僚が訪れる。サイエンス・メディカル対策室とは、科学機関や医療機関で起きるあらゆる問題に対処するチーム。科学が進歩しグローバル社会になったことで、従来の概念を超える未知の病気や事件などさまざまな問題が起こっており、それらに対処するために設立された部署だ。そんなサイエンス・メディカル対策室に、匿名の告発状が届いたという。その内容は、ある病院で心筋梗塞により亡くなった複数の患者が、日本ではめったに見られないシャーガス病という感染症にかかっている可能性があるというもの。

紐倉と牧野は、感染が疑われる患者の処置をした医師・高家春馬(浜田岳)に会いに行く。高家の協力も得て調べを重ねていくと、10年前に起きたある事件が浮かび上がってきて…。

最終更新:4/16(火) 21:55
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事