ここから本文です

吉田勝己代表「外を回って勝つのはすごい」/皐月賞

4/15(月) 8:27配信

日刊スポーツ

<皐月賞>◇14日=中山◇G1◇芝2000メートル◇3歳◇出走18頭◇5着までにダービー優先出走権

【写真】土屋太鳳、サートゥルナーリアの単勝的中

平成最後のクラシックは断然1番人気のサートゥルナーリア(牡、角居)が激戦を制した。4戦4勝で1冠目をものにした。

生産者のノーザンファーム吉田勝己代表は「外を回って勝つんだからすごいですよ。最後は少しヒヤヒヤしましたけどね。馬も毎年レベルアップしていますが、それでも強い」と無傷の4連勝での戴冠を喜んだ。3着馬ダノンキングリーを含め、5着までが同牧場で育成された馬。大阪杯アルアイン、桜花賞グランアレグリアに続く、3週連続でのG1優勝となった。母シーザリオは現在、同馬と同じロードカナロアの子を受胎中。現2歳の半妹(父キングカメハメハ)は須貝厩舎に入厩予定。

最終更新:4/16(火) 1:06
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事