ここから本文です

藤田菜七子ヴィエナブロー距離大丈夫/フローラS

4/15(月) 18:35配信

日刊スポーツ

藤田菜七子騎手(21=根本)が抽選突破で13度目のJRA重賞騎乗に挑む。

東京開幕週の日曜メイン、フローラS(G2、芝2000メートル、21日=2着までオークス優先出走権)に登録のあるヴィエナブロー(林)に騎乗予定。昨年12月の未勝利勝ちから騎乗し、ここ2戦はともに4着だった。

それでも林師は「いい状態。前々で運べれば」と期待する。藤田騎手も「何度も乗せていただいているので、馬のことは分かっているつもりです。距離も大丈夫だと思います。ずっと乗せていただいてありがたいですし、頑張りたいです」と意気込む。

現在は14分の13の抽選対象だが、突破して2着までに入れば、オークスへの道が開ける。人馬とも初のクラシック出走に向け、力の入る一戦だ。

最終更新:4/17(水) 16:52
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事