ここから本文です

債券下落、世界経済の懸念後退で超長期中心に売り-スティープ化進む

4/15(月) 16:16配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 債券相場は下落。中国の経済指標の改善を受けて世界経済に対する楽観的な見方が強まり、株価と金利が上昇した海外市場の流れを引き継ぎ、売りが先行した。長期や超長期債を中心に相場は下落して、利回り曲線はスティープ(傾斜)化した。

市場関係者の見方

背景

新発国債利回り(午後3時時点)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Shigeki Nozawa

最終更新:4/15(月) 16:16
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事