ここから本文です

デ・ブルイネの特殊能力!? ペップ「他の人には見えない…」

4/15(月) 21:03配信

ゲキサカ

 絶好調の司令塔に指揮官もご満悦だ。14日に行われたプレミアリーグ第34節クリスタル・パレス戦でマンチェスター・シティは3-1の快勝を収めた。この試合で2アシストを記録したのがベルギー代表MFケビン・デ・ブルイネだった。

 まずは前半15分。自陣でボールを受けてドリブルを開始すると、ハーフウェーライン手前から丁寧なインサイドキックで前線にボールを送る。右足から蹴り出された鋭いパスは相手DFの間を通り抜け、走り込んだFWラヒーム・スターリングへとピタリ。PA内へと持ち込んだスターリングが先制点となるゴールを叩き込んだ。

 まさに針の穴を通すかのような芸術的なスルーパスで先制点をお膳立てしたデ・ブルイネは、後半45分に再びアシストを記録。カウンターを発動させて自陣からドリブルで持ち上がり、左サイドから中央へと入っていく。すると、ゴールまでのコースをケアしようとした相手3選手をあざわらうかのように、左サイドから駆け上がってくるFWガブリエル・ジェズスへラストパス。裏をかかれた相手選手の対応は間に合わず、ジェズスが右足でネットを揺らした。

『スカイ・スポーツ』によると、マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、ここ数試合のデ・ブルイネを「信じられない出来」と表現し、「他の人間には見えないパスコースが見えている」と続けて絶賛している。

「彼には他の人間には見えないパスコースを見極める力がある。本当に彼のパスは信じられないよ。ただ、2つのアシストしたことだけが重要ではなく、他のシチュエーションでも私たちの求めることをやってくれた。私たちが試合に勝つうえで欠かせない選手だ」

最終更新:4/15(月) 21:04
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事