ここから本文です

【先週の新興国市場】株・通貨上昇、中銀ハト派姿勢や中国指標が支え

4/15(月) 6:08配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 新興国市場では株と為替が2週連続で上昇。世界の主要中銀がハト派的な姿勢をあらためて示したほか、中国の経済指標を受けて同国の景気情勢に対する懸念が和らいだ。国際通貨基金(IMF)は世界成長見通しを引き下げたものの、新興国資産の各指数は小幅に上げた。

12日終了週の新興国市場の主なニュースは以下の通り。

主なニュース:

アジア:

EMEA:

中南米:

原題:EM Review: Stock and Currency Gains Defy Global Slowdown Concern(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Lilian Karunungan, Aline Oyamada

最終更新:4/15(月) 6:08
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事