ここから本文です

【中国】3月の携帯出荷6%減、マイナス幅は縮小

4/16(火) 11:30配信

NNA

 中国工業情報省(工情省)傘下のシンクタンク、中国信息通信研究院(CAICT)によると、3月の携帯電話機の国内出荷は前年同月比6.0%減の2,837万3,000台だった。5カ月連続のマイナスだが、減少幅は縮小した。
 3月の携帯出荷を移動通信システムの世代別に見ると、第4世代(4G)移動通信システムが2,697万8,000台(3.9%減)で全体の95.1%を占めた。2Gは138万7,000台、3Gは8,000台だった。
 3月の携帯出荷のうちスマートフォンは2,693万6,000台(4.1%減)で、全体の94.9%。国内ブランドは2,568万9,000台(4.8%減)で、90.5%を占めた。また3月に発売された携帯の新機種は52機種(35.0%減)で、うちスマホは40機種(41.2%減)だった。
 1~3月累計の携帯国内出荷台数は、前年同期比11.9%減の7,693万1,000台だった。うち4Gが7,331万7,000台(10.5%減)、2Gが357万台、3Gが4万5,000台。ススマホは7,307万2,000台(10.7%減)で、全体の95.0%を占めた。国内ブランドは7,085万7,000台(6.6%減)で、シェアは92.1%だった。

最終更新:4/16(火) 11:30
NNA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事