ここから本文です

地震から3年、熊本経済の「復興」は 攻める事業者の一方、”反動減”への備えも

4/16(火) 12:00配信 有料

qBiz 西日本新聞経済電子版

熊本県益城町(2019年3月12日撮影、本社ヘリから)

 経済活動にも甚大な被害をもたらした2016年4月の熊本地震から3年。被災から息を吹き返し、将来を見据えた一歩を踏み出す事業者がいる一方、地震後の熊本経済を下支えしてきた住宅やインフラなどの復旧需要は一巡し、反動減に身構える動きも出てきた。熊本市都心部の再開発や世界的なスポーツイベントを追い風に、単なる復旧にとどまらない「創造的復興」を果たせるか。被災地の経済は岐路を迎える。 本文:2,239文字 写真:4枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

qBiz

最終更新:4/16(火) 12:00
qBiz 西日本新聞経済電子版