ここから本文です

金本知憲氏「一緒に学べる場に」“真剣語り場”「金本塾」5・19開講

4/16(火) 5:00配信

スポニチアネックス

 前阪神監督でスポニチ本紙評論家の金本知憲氏(51)が塾長を務める「金本塾」(ABC主催)が5月19日に開講する。金本氏は「みなさんと一緒に学べる場にしたいと思います」と楽しみにしている。

 「金本塾」は金本塾長と専門家、さらに一般参加者が1つのテーマに沿ってトークを展開。金本塾長が経験談を披露し、一般参加者からの質問を受けるだけでなく、塾長やゲストの専門家からも参加者へ質問するなど、言葉のキャッチボールを通じてコミュニケーションを図る企画だ。初回の5月19日は「メンタルマネジメント」がテーマで、産業医で文筆家の辻秀一氏(57)をゲストに迎える。辻氏は阪神・秋山拓巳投手(27)らプロ野球選手やゴルフ、サッカー、テニスなど多方面でプロスポーツ選手のメンタル面をサポートをしている。

 90分間のトークの後には参加者と昼食をともにし、さらに当日の阪神対広島戦(甲子園)の生中継をテレビ映像で見ながら、金本塾長と辻氏が打者心理、監督の気持ちなどを解説するコーナーも設けられている。金本塾長も「真剣語り場」と位置づけ「自分から質問してみたい」と球界以外の一般参加者から自身も何かを学ぼうと考えている。

 「野球と共に歩んできた人生、50歳を超えた今、新たな出会いを大切に、僕も知らない世界を知って、勉強して、みなさんと一緒に学べる場にしたいと思います。たくさん語り合いましょう」

 6月9日には第2回の「金本塾」を開催。今後、月1回のペースで「育成論」「交渉術」「リーダー論」「組織論」などをテーマに開講する予定。さらに親子ペア参加や、他のプロ野球OB、選手らが参加するスペシャル塾の開催も計画中だ。

 一般参加者は公募で初回110人の予定。詳しくはABCのホームページから。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事