ここから本文です

(社説)WTO敗訴―安全性の説明を丁寧に

4/16(火) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 東京電力福島第一原発事故の被災地など8県の水産物の輸入を韓国が全面的に禁じていることについて、世界貿易機関(WTO)の上級委員会が容認する報告書をまとめた。
 一審にあたる紛争処理小委員会は日本の主張をほぼ認め、韓国の禁輸は必要以上に厳しく差別的で、WTO協定に違反するとしていた。二審にあたる上級委は、小委の審議は不十分として、判断を取り消した。
 WTOの紛争処理は二審制で、日本の逆転敗訴が確定する。極めて残念だ。
 上級委でも日本の主張の一部が認められたことから、菅官房長官は「敗訴との指摘は当たらない」という。…… 本文:996文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

最終更新:4/16(火) 7:00
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事