ここから本文です

【K-1 KRUSH】隼也、日本人ウィラサクレック初のKrush王座取りへ、KOで王座目指す

4/16(火) 12:05配信

イーファイト

 4月19日(金)東京・後楽園ホールにて行われる『K-1 KRUSH FIGHT.100』。同大会のメインイベント「K-1 KRUSH FIGHTバンタム級タイトルマッチ」で王者・晃貴(20=K-1ジム相模大野KREST)に挑戦する、WPMF日本バンタム級王者の隼也ウィラサクレック(21=WSRフェアテックス三ノ輪)が都内にて公開練習を行った。

【フォト】膝蹴りがグサリ! 公開練習で強烈な膝蹴りを叩き込む隼也

 隼也は16歳でWPMF(世界プロムエタイ連盟)日本タイトル史上最年少王者となり(フライ級)、2016年11月にはバンタム級のベルトも勝ち取って2階級制覇した20歳のチャンピオン。2018年4月大会で晃貴から勝利を収めており、同年10月には敗れはしたが当時の王者・金子晃大に挑戦もしているため、今回挑戦者に抜擢された。

 現在のコンディションに関しては「良い感じで減量も出来て、練習も凄く追い込めています。前回のタイトルマッチでは負けてしまったが、連続でチャンスをもらったので次こそは獲ろうという気持ちですね」と減量と精神面、共に万全だという。

 隼也は、今回の試合に向けてウィラサクレックフェアテックスジム西川口でも練習を重ねている。「(同門の)鷹大選手も同じ大会に出るので一緒にスパーリングしています。西川口のトレーナーは子供の頃から教えてもらっている先生だったので、凄く相性が良いです」とウィラサクレック一丸となって勝利を目指す。

同門のゲーオやゴンナパーとは違う戦い方をしたいと前回述べていた隼也だったが「ゲーオやゴンナパーはムエタイルールでも勝てる選手。しかし、自分がK-1ルールでムエタイをやると日本人選手はパンチも上手いしそれでは勝てない」と持論を展開。「今まで蹴りが主体だったが、パンチとヒザも上手く使えるように、トレーナーと話し合いながら一緒にやっています」と新スタイルに自信を覗かせる。

 前回勝利している晃貴の印象は「身体は小さいけど、パワーと根性はある」としつつも、「勝つことが大事ですけど、やっぱりその中で倒したいっていう思いが強いので倒してチャンピオンになりたい」とKO勝利で王座獲りを目指す。

現在ウィラサクレックジム所属のチャンピオンは、全員海外の選手であるが「日本人でウィラサクレックのリングネームが付いているのは自分だけなので、日本人としてチャンピオンになってKRUSHのベルトを獲りたいです」と熱く語る。日本人ウィラサクレックのKRUSH王者誕生なるか。

 この試合の勝者は6月のK-1両国大会にて行われるスーパー・バンタム級トーナメントへの出場権が与えられるが「(モチベーションが)めっちゃ上がりました。まさかその枠に入れると思ってなかったので凄く嬉しいけど、4月に勝たないと意味ないので、今はそこしか考えてない」とまずはKRUSHタイトル獲得に集中している。

最後に「やっぱりバンタム級で誰が来ても勝てるような、一番強い、誰も勝てないと思わせるぐらいのチャンピオンになりたい。4月19日は圧勝してチャンピオンになるので応援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送った。

最終更新:4/16(火) 16:42
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事