ここから本文です

【スーパーフォーミュラ連載】受け継がれる“驚速”の遺伝子(2):今や海外から注目されるレースカテゴリーに進化

4/16(火) 18:01配信

motorsport.com 日本版

 4月20日、21日に開幕を迎える2019シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権。昨年まで5シーズンにわたって活躍してきた『SF14』が役目を終え、新型マシン『SF19』へとバトンタッチされる。

 すでに開幕前のテストから素晴らしいパフォーマンスを見せているSF19だが、その高い性能をこのタイミングから引き出せているのは、SF14での経験とノウハウがベースとなっているからこそなのだ。

ドライバー、関係者、ファンを魅了したSF14のコーナリングスピード

 SF14が初めてファンの前に全車揃ったのは2014年3月。鈴鹿サーキットモータースポーツファン感謝デーでのお披露目だった。その翌日から合同テストが始まった。

 前年までのスウィフト製『FN09』も高いコーナリングスピードを誇っていたが、SF14はそれをさらに上回っていた。特にS字や逆バンクでは「ほとんど減速していないんじゃないか?」と錯覚してしまうほどの速さ。正直、コースサイドで取材していても鳥肌が立つほどの衝撃を感じたことを……今でも鮮明に覚えている。

 この年はトヨタエンジン勢が優勢。特にル・マン優勝経験者でもあるアンドレ・ロッテラーやロイック・デュバルはテストにも関わらず、予選本番モードの勢いでタイムアタック合戦を行い、そのタイム結果を見て一喜一憂していた姿が印象的だった。それだけ、ドライバーたちが本気で“乗っていて楽しい!”と思えるマシンだったのだ。

 国内トップフォーミュラでは2度のチャンピオン経験を持つ中嶋一貴も、SF14導入初年度のインパクトが大きかったと当時を振り返った。

「SF14に関しては、どうしても……最初の方の印象が強烈ですね。(2014年に)走り始めた頃は『うわっすげ~!』『速ぇ~!』っていう感想だったのが、すごく記憶に残っています。みんなで『デクナーで何キロ出た!』って(嬉しそうに)言い合っていたのが懐かしいですね」

 迎えた4月の開幕戦。SF14のデビュー戦となるのだが、当時JRPの社長を務めていた白井裕氏は最も印象に残ったレースウィークのひとつだったと語った。

「2014年の開幕戦が一番印象に残っています。僕がF1をやっていた頃と同じくらいのタイムが予選の時(アンドレ・ロッテラーが1分36秒996を予選Q2で記録)に出てしまって……『これはすごいな!』と感激しました」

「あとは、あの開幕戦の決勝では結構オーバーテイクシーンがあったんですよね。我々が最初に描いていたコンセプト通りの展開になったというか、すごく印象に残った1戦でしたね」

 ホンダの第2期F1プロジェクトに携わった経験がある白井氏。1990年の日本GP、アイルトン・セナ(マクラーレン・ホンダ)が予選で出した最速タイムが1分36秒996。それと同じタイムがスーパーフォーミュラで叩き出されたのだ。驚くのも無理はないだろう。

1/2ページ

最終更新:4/16(火) 18:01
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ