ここから本文です

“同級生”に引っ張られ優勝争いの一人へ 楽しいラウンドで熊谷かほが見せたVサイン【カメラマンの景色】

4/16(火) 18:21配信

ゴルフ情報ALBA.Net

毎週、ゴルフツアー会場で選手たちを撮影し続けるプロカメラマン。インサイドロープでプロゴルファーの凄みや熱気を感じ、ときおり会話のやりとりを見聞きするなど、“試合中の選手たちに最も近いメディア”であるツアーカメラマンが見た印象的な景色を紹介する【スタジオアリス女子オープン編】。

愛称は“和製アン・シネ”!?熊谷かほの厳選写真館

「アクサレディス」でのルーキー・河本結の優勝など、今季もフレッシュな顔がリーダーボードを賑わしている国内女子ツアー。第6戦となった「スタジオアリス女子オープン」でも、レギュラーツアー初挑戦となる23歳が、コースに新たな風を吹き込ませた。それが熊谷かほだ。

QTランク15位の資格で、今季の前半戦出場権を獲得した熊谷。この試合前までは開幕から4戦連続で予選落ちと、トップカテゴリーの“洗礼”を浴びていた。しかし、花屋敷では初日を23位タイで終えると、2日目に「68」と爆発。一気に優勝争いの一人に名を連ねた。

そんな2日目に熊谷の印象的な一枚を撮影したのが、佐々木啓カメラマンだ。この日の熊谷は、同じ1995年生まれのエイミー・コガとラウンド。本人も「同級生と一緒に回れて、とても楽しかった」というリラックスムードでバーディを量産した。そして、そんな“楽しいラウンド”が伝わってくるのが、2人のVサインだ。

「ラウンド中も、エイミーさんと本当に楽しそうに話しながら、のびのびプレーしているのが印象的でした。2日目はエイミーさんがホールインワンを決めるなど序盤から素晴らしいプレーを見せていましたが、きっとその活躍ぶりにも引っ張られたのではないでしょうか。ここからもいいプレーを見せて、大きく飛躍する一年になることを期待しています」(佐々木カメラマン)

熊谷と同じ山梨県出身という佐々木カメラマンは、同郷の選手の今季の戦いぶりが気になるところだったという。それもあって、最終的に4位タイに入り、一気に第1回リランキング突破も確実にした“後輩”の活躍が強く印象に残る3日間となった。

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:4/16(火) 18:22
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事