ここから本文です

Netflixオリジナルアニメ「エデン」制作決定!人間の子供とロボットの交流描くSF

4/16(火) 8:01配信

コミックナタリー

Netflixオリジナルアニメ「エデン」の制作が発表された。

「エデン」は何千年もの未来、ロボットたちだけが住む「エデン3」という街を舞台に、2体の農業用ロボットが人間の赤ちゃんを起こしてしまったことから始まるSFファンタジー。エデンの外にある安全な場所で、その女の子を密かに育てる2体は、“人間は禁じられた古代神話以上の何者でもない”と信じるように教えられてきたことに疑問を抱いていく。公開されたティザーアートには、緑が広がる丘の上で手を繋ぐ2体のロボットと人間の子供の姿が描かれている。

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」を手がけた入江泰浩が監督、「クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~」などで知られるうえのきみこが脚本、「カウボーイビバップ」の川元利浩がキャラクター原案を担当。音楽には「盾の勇者の成り上がり」のケビン・ペンキンが名を連ねた。アニメは4エピソードで展開され、制作をQubic PicturesとCGCGが手がける。配信開始は2020年内を予定。

なお本作は、フランス現地時間6月10日より開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭2019の、制作過程にある話題作を紹介するセクション「ワーク・イン・プログレス」への参加も決定。詳細は続報を待とう。

■ Netflixオリジナルアニメシリーズ「エデン」
2020年配信開始予定

□ スタッフ
監督:入江泰浩
キャラクターデザイン:川元利浩
脚本:うえのきみこ
コンセプトデザイン:クリストフ・フェレラ
アートディレクター:クローバー・シェ
音楽:ケビン・ペンキン
プロデューサー:ジャスティン・リーチ

最終更新:4/16(火) 8:01
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事