ここから本文です

純米吟醸酒の部 「国権」(南会津)3位 南部杜氏自醸清酒鑑評会

4/16(火) 10:46配信

福島民報

 平成三十酒造年度(二〇一八年七月~二〇一九年六月)の南部杜氏(とうじ)自醸清酒鑑評会の純米吟醸酒の部で国権酒造(南会津町)の「国権」が三位に入った。吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒の三部門で福島県から上位入賞したのは国権酒造だけ。南部杜氏協会(岩手県花巻市)が十五日に発表した。

 鑑評会は一九一一(明治四十四)年に始まり今年で百回目。南部杜氏協会加盟の杜氏がいる全国の蔵元から吟醸酒の部に三百三十七点、純米吟醸酒の部に二百六十九点、純米酒の部に百六十一点が出品された。

 吟醸酒の部一位は旭興(渡辺酒造・栃木県)、純米吟醸酒の部一位は一ノ蔵(一ノ蔵・宮城県)、純米酒の部一位は陸奥八仙(八戸酒造、青森県)だった。表彰式は五月二十四日に岩手県花巻市で行われる。

 県内の受賞酒は次の通り。

 ◇吟醸酒の部▽優等酒=榮四郎(榮川酒造・磐梯町)東豊国(豊国酒造・古殿町)藤乃井(佐藤酒造店・郡山市)会津吉の川(吉の川酒造店・喜多方市)笹の川(笹の川酒造・郡山市)国権(国権酒造・南会津町)稲川(稲川酒造店・猪苗代町)三春駒大吟醸(佐藤酒造・三春町)名倉山(名倉山酒造・会津若松市)又兵衛(四家酒造店・いわき市)

 ◇純米吟醸酒の部▽3位=国権(国権酒造・南会津町)▽優等酒=純米大吟醸榮四郎(榮川酒造・磐梯町)藤乃井(佐藤酒造店・郡山市)穏(仁井田本家・郡山市)会津吉の川(吉の川酒造店・喜多方市)七重郎(稲川酒造店・猪苗代町)三春駒純米大吟醸(佐藤酒造・三春町)又兵衛(四家酒造店・いわき市)

 ◇純米酒の部▽優等酒=三春五万石(佐藤酒造・三春町)稲川百十五(稲川酒造店・猪苗代町)

■「名誉なこと」 国権酒造杜氏 佐藤吉宏さん

 純米吟醸酒の部で三位に入った国権酒造杜氏の佐藤吉宏さん(67)=岩手県紫波町=は「百回目の節目なので、杜氏仲間はみんな力を入れていた。その中で上位に選ばれ、とりわけ名誉なこと」と笑顔を見せる。

 すっきりとした味わいに仕上がり「自信作」と胸を張る。今冬は気温の変化が大きく温度管理に苦労したという。毎年変わる米の品質を見極め、香りと味のバランスに留意した。南部杜氏全体のレベルが上がっており、年を追うごとに入賞の難しさを感じている。

 全国新酒鑑評会で国権酒造は昨年まで十一年続けて金賞に輝いている。佐藤さんは「酒は生きものだから」と控えめに語るが、十二年連続の栄冠に向け、蔵元みんなで期待を膨らませている。

最終更新:4/16(火) 11:37
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事