ここから本文です

【KNOCK OUT】那須川天心に”4度目の正直”狙う良星、宮元啓介を「きっちり倒したい」

4/16(火) 19:36配信

イーファイト

 4月29日(月・祝)東京・ベルサール高田馬場で開催される『KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」』に、Bigbangスーパーバンタム級王者・良星(らすた/21=平井道場)が出場する。

【フォト】良星の対戦相手の宮本は過去に那須川天心とも対戦

 良星は55.5kg契約(3分5R)で、元WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーバンタム級王者・宮元啓介(26=INNOVATION・橋本道場)と対決する。

 良星はビッグバン軽量級のエースであり、ハイキックを多用するハイスピード&アグレッシブなファイトスタイルで常に会場を沸かせる人気者。今回KNOCK OUT(以下KO)初参戦となる。

 相手の宮元は空手仕込みの足技を得意とし、国内軽量級のトップクラスで活躍。これまでWPMF世界スーパーバンタム級王座を始め5本ものチャンピオンベルトを獲得してきた。KOでは現在4連勝中だ。

 その宮元について良星は「全体的にうまい選手ですが、穴はあるのでしっかりそこを突いていけたらと。宮元選手は空手あがりの選手だけに不規則なハイキックが飛んでくると思っていますが、僕も空手あがりなので問題はないです」と、宮元の空手技に対して怖さはない。

 さらに「テクニックよりも自分は気持ちとパワーで押し切れると思っています。宮元選手に限らず、ヒジありルールだとヒジだけをもらわないように、そこをしっかりと自分の中で意識していれば大丈夫です」と空手出身対決を制すると宣言。

 自身の持ち味のスピードについては「全くそこは負けてないですし、スピード勝負でいこうと思います」と気持ちとパワー、さらにスピードでも上回るとした。

 良星は空手からジュニアキックへ進んだ”アマチュアエリート”だ。ジュニア時代には、現在キック界で活躍する様々な選手と対戦している。「70戦ぐらいして、(那須川)天心とは3回やって全敗でした。あとは、大雅選手、朝久裕貴選手(現WLF武林風60kg世界王者=共に良星が判定勝ち)、小笠原瑛作選手(ドロー)、あとは海人選手に負けていて、僕に勝っている選手は今みんなチャンピオンです、アハハハ!」と笑う。

「天心にしっかり勝つことが目標。2年以内には、実績と戦績をしっかり兼ね備えて天心に勝負を挑んでも恥ずかしくないぐらい自分を磨いてきっちり登り詰めたい」と、狙うは那須川だと熱く語る。
 なお、那須川は16年に良星の対戦相手の宮元と対戦し、2R飛びヒザ蹴りでKOしている。

 最後に「KOに出るだけで満足せずに、きっちり自分の印象を残して宮元選手を倒したい。インパクトを残して次に繋げたい」とKO勝利で初参戦を飾ると意気込んだ。

最終更新:4/16(火) 19:36
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事